fbpx
「虎に翼」キャスト一覧と相関図
スポンサーリンク

2023年後期朝ドラ「ブギウギ」のキャスト一覧。

2023年朝ドラ「ブギウギ」
Pocket

10月2日にスタートした2023年後期朝ドラ(連続テレビ小説)「ブギウギ」のキャストを一覧で紹介します。

朝ドラ「ブギウギ」は、戦後の大スター・笠置シヅ子さんをモデルにしたその人生を描いたストーリーで展開します。

多くの人を明るく元気にしたいという思いを込められている「ブギウギ」。

香川編はモデルの笠置シズ子さんの出生地、香川県東かがわ市と丸亀市でロケが行なわれました。

満面の笑みと底抜けに明るい主役の福来スズ子を「趣里」さんが演じます。

趣里(キャスト)は朝ドラ「ブギウギ」でヒロイン「福来スズ子」を演じる。

多くの困難を乗り越え、歌手の道を突き進み、人々に勇気と希望を与えていく「趣里」のスズ子を見守っていきましょう。

放送:総合(月~金) 午前8時~8時15分
放送:総合(土) 午前8時~8時15分(一週間を振り返ります)
再放送:総合(月~金) 午後0時45分~1時
再放送:総合(土) 午後0時45分~1時(一週間を振り返ります)

タイトルにある「ブギウギ」とは、陽気で踊り出したくなるような音楽リズムの一種です。

主人公・福来スズ子は大阪の華やかなステージ、生まれ故郷・香川への思い、そして夢を追いかけ東京へ進出します。

さまざまな舞台が作品を彩り、ブギウギは「これまでの朝ドラにはないほどの歌と踊り」でキャストの皆さんが視聴者を魅了します。

ところで、仕事の関係で趣里さんの「ブギウギ」を見逃してしまった。趣里さんが演じる
福来スズ子をもう一度観たい!

そんな朝ドラファンは「NHKオンデマンド」を選んで下さい。

詳しくはこちら⇒“朝ドラ”ファンはアマゾン(amazon)プライムが”おすすめ”。ポイントを有効利用すれば無料でイッキ見できますからね。

アマゾンをあまり利用しない方はU-NEXTがお得ですよ。1アカウントで4名(4デバイス)まで利用できますから。実質的にお得です。

詳しくはこちら⇒朝ドラは無料期間中に「U-NEXT」のNHKオンデマンドで。

  1. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期の追加キャスト。
    1. 中村倫也(役:「丸の内テレビ」のディレクター・沼袋勉)
    2. 吉柳咲良(役:若手歌手、水城アユミ)
    3. 木野花(役:家政婦の大野さん)
    4. 蒼昴(役:靴磨きの少年・達彦)
  2. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期のヒロイン。
    1. 趣里(役:ヒロイン・福来スズ子)
  3. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期の花田家(大阪)キャスト。
    1. 澤井梨丘(子役:花田鈴子の少女時代)
    2. 黒崎煌代(役:鈴子の弟・花田六郎)
    3. 又野暁仁(子役:少年時代の鈴子の弟・花田六郎)
    4. 柳葉敏郎(役:鈴子の父・梅吉)
    5. 水川あさみ(役:鈴子の母・ツヤ)
  4. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期の「福来スズ子とその楽団」メンバー。
    1. 陰山 泰(役:トランペット奏者・一井)
    2. えなりかずき(役:ピアノ・アコーディオン奏者・二村)
    3. 村上新悟(役:マネージャー・五木ひろき)
  5. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期の「村山興行」キャスト。
    1. 水上恒司(役:スズ子の最愛の人・村山愛助)
    2. 中山陸月(子役:愛助の子役)
    3. 小雪(役:村山興業社長・村山トミ)
    4. 三浦誠己(役:村山興業社長秘書矢崎)
    5. 黒田有(役:東京支社長・坂口)
  6. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期の東京(芸能関係)キャスト。
    1. 草彅剛(役:羽鳥 善一=はとり ぜんいち)
    2. 菊地凛子(役:茨田りつ子)
    3. 市川実和子(役:羽鳥善一の妻・羽鳥麻里)
    4. 宮本 亞門(役:作詞家・藤村 薫)
    5. 利重 剛(役:日宝社長・大林 林太郎)
    6. 富田望生(役:小林小夜)
    7. 生瀬勝久(役:喜劇役者棚橋健二)
    8. みのすけ(役:芸能記者鮫島鳥夫)
  7. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「梅丸楽劇団」のキャスト。
    1. 新納慎也(役:演出家・松永大星)
    2. 伊原六花(役:秋山美月)
    3. 安井順平(役:制作部長・辛島一平)
    4. 小栗 基裕 (s**t kingz)(役:ダンサー・中山 史郎)
    5. 陰山泰(役:一井)
  8. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「東京梅丸」のキャスト。
    1. 黒田有(メッセンジャー)(役:東京支社長・坂口)
    2. 近藤芳正(役:マネージャー候補・山下達夫)
  9. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「東京の人々」キャスト。
    1. ふせえり(役:下宿屋の主・小村チズ)
    2. 坂田聡(役:おでん屋台の親父・伝蔵)
    3. 友近(役:看護師・東)
    4. 田中麗奈(役:おミネ)
  10. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「梅丸少女歌劇団(USK)一期生」のキャスト。
    1. 蒼井優(役:大和 礼子=やまと れいこ)
    2. 翼和希(役:橘アオイ)
  11. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「梅丸少女歌劇団(USK)同期と後輩」のキャスト。
    1. 片山友希(役:桜庭辰美=和希)
    2. 木村湖音(子役:幼少時代の桜庭辰美)
    3. 清水くるみ(役:リリー白川)
    4. 小南希良梨(子役:幼少時代の白川幸子)
  12. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「梅丸少女歌劇団(USK)楽団員」のキャスト。
    1. 森永悠希(役:股野義夫)
  13. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「梅丸少女歌劇団関係者」キャスト。
    1. 升毅(役:梅丸の社長・大熊熊五郎)
    2. 橋本じゅん(役:林嶽男)
  14. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「大阪商店街の人々」のキャスト。
    1. 藤間爽子(役:鈴子の親友・タイ子)
    2. 清水胡桃(子役:タイ子)
    3. 福徳秀介=ジャルジャル(役:洋食屋の配膳係・ハット)
    4. 後藤淳平=ジャルジャル(役:洋食屋の料理人・コック)
  15. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「香川の親戚」のキャスト。
    1. 石倉三郎(役:治郎丸和一)
    2. 中越典子(役:西野キヌ=スズ子の生みの親)
    3. 本上まなみ(役:三沢光子)
    4. 三林京子(役:大西トシ:鈴子の祖母)
  16. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「はな湯お客」のキャスト。
    1. 宇野祥平(役:銭湯の釜炊き・ゴンベエ)
    2. なだぎ武(役:易者)
    3. 岡部たかし(役:常連客・アホのおっちゃん)
    4. 三谷昌登(役:キヨ)
    5. 楠見薫(役:アサ)
    6. 妹尾和夫(役:熱々先生、花田家のかかりつけの医者)
  17. 「ブギウギ」朝ドラ2023年後期キャスト発表。(第1弾~第13弾)
    1. キャスト発表第13弾。
    2. キャスト発表第12弾。
    3. キャスト発表第11弾。
    4. キャスト発表第10弾。
    5. キャスト発表第9弾。
    6. キャスト発表第8弾。
    7. キャスト発表第7弾。
    8. キャスト発表第6弾。
    9. キャスト発表第5弾。
    10. キャスト発表第4弾。
    11. キャスト発表第3弾。
    12. キャスト発表第1弾、第2弾。
  18. まとめ。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期の追加キャスト。

中村倫也(役:「丸の内テレビ」のディレクター・沼袋勉)

仲村さんが演じる沼袋はスズ子が大トリを飾る大晦日恒例の番組「オールスター男女歌合戦」を担当するディレクターです。

25話「ズキズキするわ」で登場します。

2023年後期朝ドラ「ブギウギ」第25週「ズキズキするわ」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

吉柳咲良(役:若手歌手、水城アユミ)

25話「ズキズキするわ」で登場します。アユミはスズ子の大阪時代にお世話になった大和礼子の娘として登場します。

大晦日恒例の番組「オールスター男女歌合戦」での設定です。さて、そのモデルは「美空ひばり」かそれとも「江利チエミ」?かですね。

スズ子のモデルである笠置シヅ子と「1956年NHK紅白歌合戦」で名を連ねているのは江利チエミです。

水城アユミを演じる吉柳さんは「第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン(PURE GIRL 2016)」で歴代最年少となる12歳でグランプリを受賞した逸材です。

表情もなんとなく、大和礼子を演じた蒼井優さんに似ていましたね。

ミュージカル「ピーター・パン」でも大活躍し、その美声は折り紙つきですので「歌唱シーン」が楽しみです。

ブギウギもいよいよ残り2週間となりました。

2023年後期朝ドラ「ブギウギ」第25週「ズキズキするわ」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

木野花(役:家政婦の大野さん)

第21話「あなたが笑えば、私も笑う」100話で家政婦の大野さんが登場します。演じるのは木野花さん。

大野は、茨田りつ子が育児に追われるスズ子を見かねて依頼した家政婦さんです。ただ、史実ではいないオリジナルキャラクターです。

蒼昴(役:靴磨きの少年・達彦)

第20話「ワテかて必死や」で登場した靴磨きの少年は達彦と言います。登場した時はビックリしました。

スズ子から母・タイ子の話を聞いているときのうれしそうな表情に泣けました。最愛な母ですからね。

蒼昴さんは2013年3月21日生まれで大阪府出身です。出演時は小学5年生の10歳です。

「ベストキッズオーディション2018」でグランプリを獲得し、芸能活動を開始しました。松竹芸能所属です。

朝ドラは、2022年度後期の朝ドラ「舞いあがれ!」でエキストラで出演しました。ですので芸名で出演するのは初めてです。

2022年に放送されたNHK夜ドラ「あなたのブツが、ここに」にも出演しました。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期のヒロイン。

趣里(役:ヒロイン・福来スズ子)

趣里が演じるヒロイン・福来スズ子は、香川生まれの大阪育ちで下町の銭湯の看板娘として育ちました。

小さなころから歌って踊るのが大好きで、道頓堀にある梅丸少女歌劇団(USK)に入団します。

やがて歌の才能を発揮し始めたスズ子は、歌手の道を歩み始め、銭湯の看板娘から、“ブギの女王”と呼ばれる戦後の大スター歌手となっていきます。

趣里が朝ドラ「ブギウギ」で演じるキャストは「花田鈴子」/出演映画。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期の花田家(大阪)キャスト。

澤井梨丘(子役:花田鈴子の少女時代)

第1週から第2週まで鈴子を演じます。

朝ドラ「ブギウギ」第1週「ワテ、歌うで!」のあらすじと感想。

朝ドラ「ブギウギ」第2週「笑う門には福来る」のあらすじと感想。

黒崎煌代(役:鈴子の弟・花田六郎)

黒崎煌代が演じる鈴子の弟・花田六郎は、鈴子の3歳年下の弟です。

ちょっとぼーっとしたところがあるマイペースな性格で、拾ってきた亀をペットにしていて、いつも一緒にいます。

又野暁仁(子役:少年時代の鈴子の弟・花田六郎)

第1週から第2週まで六郎を演じます。

朝ドラ「ブギウギ」第1週「ワテ、歌うで!」のあらすじと感想。

朝ドラ「ブギウギ」第2週「笑う門には福来る」のあらすじと感想。

柳葉敏郎(役:鈴子の父・梅吉)

柳葉敏郎が演じる鈴子の父・花田梅吉は、大阪の下町・福島で銭湯を営み、個性豊かな常連客たちの社交の場を作っています。

映画と芝居とお酒とおいしいものが大好きな道楽者で情にもろいが鈴子の夢を応援する良き父親です。

柳葉敏郎が朝ドラ「ブギウギ」で演じるキャストは「花田梅吉」/出演映画

水川あさみ(役:鈴子の母・ツヤ)

水川あさみが演じる鈴子の母・花田ツヤの生まれは香川県。いつも番台に座っていて働いており、銭湯経営の屋台骨を支えています。

しっかり者で、義理と人情を大切にし、何より、子どもたちのことを第一に思う優しい母です。

水川あさみが朝ドラ「ブギウギ」で演じるキャストは「花田ツヤ」/出演映画

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期の「福来スズ子とその楽団」メンバー。

「福来スズ子とその楽団」結成!スズちゃんの歌を盛り上げる楽団員はこの4名です!

トランペット:一井さん
ピアノ:二村さん
ギター:三谷さん
ドラム:四条さん

楽団新メンバーは第10話「大空の弟」から登場します。

朝ドラ「ブギウギ」第10週「大空の弟」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

陰山 泰(役:トランペット奏者・一井)

トランペット奏者で、梅丸楽劇団のバンドマスターを務めます。2022年の東京NHK制作のドラマ『アイドル』でも同じ様な役柄で出演しています。

えなりかずき(役:ピアノ・アコーディオン奏者・二村)

「福来スズ子とその楽団」の最年少メンバーです。ピアノとアコーディオンを担当します。

村上新悟(役:マネージャー・五木ひろき)

辛島部長から紹介された、自称「腕利き」マネージャーです。楽団の5番目だから五木さん?っていうことですかね。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期の「村山興行」キャスト。

水上恒司(役:スズ子の最愛の人・村山愛助)

水上恒司が演じる鈴子の最愛の人・村山愛助は、大阪にある日本随一の演芸会社・村山興業の御曹司です。

スズ子の大ファンで、やがてお互いに引かれ合っていきます。さまざまな逆境を二人で乗り越え、スズ子の人生に大きな影響を与える運命の相手です。

水上恒司が朝ドラ「ブギウギ」で演じるキャストは「村山愛助」/出演映画

中山陸月(子役:愛助の子役)

小雪(役:村山興業社長・村山トミ)

小雪が演じる村山トミはスズ子が生涯愛した村山愛助の母です。

そして、村山トミは大阪の歴史ある興行を作られ日本を代表する興行会社へ成長させた関西のやり手女社長・村山興業の社長です。

小雪(キャスト)が朝ドラ「ブギウギ」で演じるは「村山トミ」(初出演)

三浦誠己(役:村山興業社長秘書矢崎)

矢崎は村山興業の社長秘書です。社長・トミの伝言をスズ子に淡々と伝える切れ者ぶりを発揮します。

黒田有(役:東京支社長・坂口)

第11週「ワテより十も下や」の54話で登場します。

朝ドラ「ブギウギ」第11週「ワテより十も下や」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期の東京(芸能関係)キャスト。

草彅剛(役:羽鳥 善一=はとり ぜんいち)

草彅剛が演じる羽鳥善一は、鈴子を導く音楽の師匠で、大阪生まれの作曲家です。

モデルはジャズを得意とし、「東京ブギウギ」「青い山脈」「別れのブルース」など数多くの名曲を世に生み出した作曲家の服部良一氏です。

上京した鈴子の才能にほれ込み、鍛え上げて一流の歌手へと成長させていきます。

草彅剛が朝ドラ「ブギウギ」で演じるキャストは「羽鳥善一」/出演映画

菊地凛子(役:茨田りつ子)

菊地凛子が演じる鈴子のライバル歌手・茨田りつ子のモデルは、青森出身の歌手で“ブルースの女王”と呼ばれた淡谷のり子さん。

りつ子が歌う『別れのブルース』をラジオで聞いた鈴子は、感銘を受け憧れます。

やがて二人は生涯の良きライバルとして、時に競い合い、時に支え合いながら芸能の世界を生きていきます。

菊地凛子(キャスト)が朝ドラ「ブギウギ」で演じるは「茨田りつ子」

市川実和子(役:羽鳥善一の妻・羽鳥麻里)

市川実和子が演じるのは作曲家・羽鳥善一の妻・麻里です。

音楽のことはよくわからないが、竹を割ったような性格で善一を支え、スズ子の良き相談相手でもあります。

麻里は柔軟な感覚の持ち主で、いわゆる常識からはみ出ていても、それを面白がることができる人です。

市川実和子(キャスト)が朝ドラ「ブギウギ」で演じるは「羽鳥善一の妻・麻里」

宮本 亞門(役:作詞家・藤村 薫)

破天荒な天才作詞家です。羽鳥に依頼され、スズ子の新曲の作詞をします。

宮本亞門(キャスト)が朝ドラ「ブギウギ」で演じるは「作詞家・藤村 薫」

利重 剛(役:日宝社長・大林 林太郎)

梅丸のライバル会社・日宝の社長です。スズ子の才能にほれ込ます。

富田望生(役:小林小夜)

富田望生が演じる小林小夜は、福島出身の女性です。鈴子のような歌手になるのが夢で、弟子にしてほしいと訪ねてきます。

富田望生(キャスト) が「ブギウギ」で演じるは「小林小夜」

生瀬勝久(役:喜劇役者棚橋健二)

超個性的な喜劇王・棚橋健二。歌あり、踊りありの舞台シーンに注目です。

みのすけ(役:芸能記者鮫島鳥夫)

三流ゴシップ雑誌「真相婦人」芸能記者の鮫島鳥尾は神出鬼没でふてぶてしく、いやらしく、でもどこか愛らしい、そんな男です。

スズ子ら芸能の世界で生きる者たちのことを面白おかしく好き勝手に書いては大衆を煽って売上を伸ばしています。

スズ子にとって非常にやっかいな存在です。彼の書いた記事で、らく長のおミネが楽屋に乗り込んできた、第20話「ワテかて必死や」。

戦後間もない中で生きるために必死な夜の女たちを軽視するような記事だったからです。

朝ドラ「ブギウギ」第20週「ワテかて必死や」のあらすじ(ネタバレ)と感想。タイ子が東京に。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「梅丸楽劇団」のキャスト。

新納慎也(役:演出家・松永大星)

新納慎也が演じる松永大星は、外国帰りのやり手演出家です。梅丸楽劇団の旗揚げ公演を任せられ、スズ子の才能に気がつき、羽鳥に紹介します。

新納慎也(キャスト)が朝ドラ「ブギウギ」で演じるは「松永大星」

伊原六花(役:秋山美月)

伊原六花が演じるスズ子の後輩・秋山美月は、スズ子のUSKの後輩です。ライバルの花咲歌劇団から移籍してきた実力派で、男役で大人気となります。

タップダンスの名手で、理想が高く、ショーの質を高めるためには、先輩にも物怖(お)じせず意見する人です。

伊原六花(キャスト)が朝ドラ「ブギウギ」で演じる役は「秋山美月」

安井順平(役:制作部長・辛島一平)

安井順平が演じる梅丸楽劇団の制作部長・辛島一平は、大阪の梅丸少女歌劇団(USK)の林部長の後輩です。

いつも、大物作曲家や演出家、歌手らの間に挟まれて苦しい思いをしています。

小栗 基裕 (s**t kingz)(役:ダンサー・中山 史郎)

小栗基裕が演じる中山史郎は、日本のトップダンサーの一人です。タップダンスの名手で、秋山と組んで公演の主演を担います。

小栗基裕(キャスト)が朝ドラ「ブギウギ」で演じるは「中山史郎」。そのモデルは?

陰山泰(役:一井)

陰山泰が演じる一井は、トランペット奏者で梅丸楽劇団のバンドマスターを務めます。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「東京梅丸」のキャスト。

黒田有(メッセンジャー)(役:東京支社長・坂口)

黒田が演じるのは東京の支社長です。

村山トミから息子の愛助の東京での生活を面倒見るように言われています。また愛助とスズ子を別れさせようとします。

近藤芳正(役:マネージャー候補・山下達夫)

愛助の紹介でやってきたスズ子楽団のマネージャー候補です。村山興業の元やり手社員で、愛助が小さい頃に父親代わりのように面倒を見ていました。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「東京の人々」キャスト。

ふせえり(役:下宿屋の主・小村チズ)

辛島部長から紹介され、スズ子が東京で住むことになる下宿屋の主人です。お喋り好きで明るい性格。

子供がいないため、スズ子を娘のように思っています。スズ子にとっても東京のお母さん的な存在です。

スズ子が悩むとき、悲しくなる時、辛いときに言葉と仕草でサポートしてくれる貴重な存在です。

11月27日からの放送第9週から登場します。

朝ドラ「ブギウギ」第9週「カカシみたいなワテ」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

坂田聡(役:おでん屋台の親父・伝蔵)

スズ子が行きつけにする下宿屋のそばにあるおでん屋台の親父です。一見頑固に見えるが、可愛らしい一面も持ち合わせています。

友近(役:看護師・東)

身重なスズ子に一番近くで愛情たっぷりと寄り添ってくれています。

田中麗奈(役:おミネ)

第20週「ワテかて必死や」で登場。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「梅丸少女歌劇団(USK)一期生」のキャスト。

蒼井優(役:大和 礼子=やまと れいこ)

蒼井優が演じる大和礼子は、大阪の梅丸少女歌劇団(USK)第1期生の娘役で、劇団を引っぱるトップスターです。

ヒロイン・鈴子のあこがれの先輩で、鈴子は踊りや歌への大切な精神を礼子から受け継いでいきます。

蒼井優が朝ドラ「ブギウギ」で演じるキャストは「大和礼子」/出演映画

翼和希(役:橘アオイ)

翼和希が演じる鈴子の先輩・橘アオイは、道頓堀に新しく出来た「梅丸少女歌劇団USK」の第1期生で、男役トップスターです。

迫力ある力強い踊りが得意。新しく入団してきた鈴子たちの教育係となり、厳しく指導します。

大和礼子と一緒に第1話5話「ワテ、歌うで!」のエンディングで登場します。
朝ドラ「ブギウギ」第1週「ワテ、歌うで!」のあらすじと感想。

翼和希が朝ドラ「ブギウギ」で演じるキャストは「橘アオイ」

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「梅丸少女歌劇団(USK)同期と後輩」のキャスト。

片山友希(役:桜庭辰美=和希)

片山友希が演じるスズ子の同期・桜庭辰美(和希)は、スズ子とUSK同期入団の男役です。仲良し同期3人組の一人です。

仲良し同期3人組の一人で不器用だが頑張り屋さん。貧しい家庭で、家業を手伝いながら練習をしている真面目な性格な人です。

ポジションが同じ後輩の秋山に実力で抜かれ悩みを抱えています。

片山友希が朝ドラ「ブギウギ」で演じる「桜庭辰美(和希)」と出演映画。

木村湖音(子役:幼少時代の桜庭辰美)

白川幸子と同じく第2週「笑う門には福来る」で研修生として一緒に励みます。ただ、仲間とは一線を外していました。

朝ドラ「ブギウギ」第2週「笑う門には福来る」のあらすじと感想。

清水くるみ(役:リリー白川)

清水くるみが演じる鈴子の同期・白川幸子(リリー白川)は、スズ子とUSK同期入団の娘役です。仲良し同期3人組の一人でもあります。

実家が裕福でバレエを習っていたこともあり、スズ子たちより少し実力があり。楽天家で器用さもあります。

うまく立ち回ることもできる才女です。

清水くるみが朝ドラ「ブギウギ」で演じるキャストは「白川幸子」

小南希良梨(子役:幼少時代の白川幸子)

第2週「笑う門には福来る」で研修生として一緒に励みます。父はUSK入団に反対していました。

朝ドラ「ブギウギ」第2週「笑う門には福来る」のあらすじと感想。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「梅丸少女歌劇団(USK)楽団員」のキャスト。

森永悠希(役:股野義夫)

森永悠希が演じる歌劇団の専属ピアニスト・股野義夫は、梅丸少女歌劇団(USK)の専属のピアニストです。

気弱でちょっと後ろ向きな性格ですが、鈴子たちの練習では、いつも伴奏をして手伝っています。

第4週「ワテ、香川に行くぜ」で大和礼子にプロポーズし、第5週「ほんまの家族や」で妻になった礼子は最愛な娘を残して旅立ちました。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「梅丸少女歌劇団関係者」キャスト。

升毅(役:梅丸の社長・大熊熊五郎)

升毅が演じる梅丸の社長・大熊は、歌舞伎や映画など幅広く手掛ける日本随一の興行会社・梅丸の社長です。

梅丸少女歌劇団(USK)の親会社でもあります。金勘定に厳しい経営者だが、芸事を愛し、涙もろい一面もある男です。

橋本じゅん(役:林嶽男)

橋本じゅんが演じる林部長は、道頓堀にある梅丸少女歌劇団(USK)の音楽部長です。歌劇団の現場責任者でもあります。

強面(こわもて)だが、実は優しく面倒見が良いとても良い人です。

橋本じゅんが朝ドラ「ブギウギ」で演じるキャストは「林部長」/出演映画

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「大阪商店街の人々」のキャスト。

藤間爽子(役:鈴子の親友・タイ子)

藤間爽子が演じる鈴子の幼なじみ・タイ子は、大阪・福島の芸者の娘です。鈴子とは同じ小学校です。

転校してきた鈴子に最初に話しかけ、それ以来、一番の仲良しです。

藤間爽子(キャスト)が朝ドラ「ブギウギ」で演じるタイ子とは。

清水胡桃(子役:タイ子)

清水胡桃はタイ子の子役を演じます。

福徳秀介=ジャルジャル(役:洋食屋の配膳係・ハット)

福徳秀介が演じる洋食屋の配膳係・ハットは、鈴子たち梅丸少女歌劇団(USK)の団員たちがよく訪れる、道頓堀にある洋食屋の配膳係です。

仕事をしながら鈴子たちともよく会話をしています。

後藤淳平=ジャルジャル(役:洋食屋の料理人・コック)

後藤淳平が演じる洋食屋の料理人・コックは、鈴子たち梅丸少女歌劇団(USK)の団員たちがよく訪れる、道頓堀にある洋食屋の料理人です。

おもしろそうな話が聞こえてくると厨房から顔を出して会話に加わってきます。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「香川の親戚」のキャスト。

石倉三郎(役:治郎丸和一)

石倉三郎が演じる地主・治郎丸和一は、白壁の大きな家に住んでいる地域の顔役で鈴子の祖母・トシの幼なじみです。

4週20話で、酔っぱらった治郎丸和一からスズ子の出生の事実が暴露されました。

治郎丸和一はスズ子の実の祖父だったのです。かなり残酷かつデリカシーの欠片もない展開でした。

治郎丸家の頭の中にはスズ子の実の母・キヌの存在は全くなかったのです。

4週20話⇒朝ドラ「ブギウギ」第4週「ワテ、香川に行くで」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

中越典子(役:西野キヌ=スズ子の生みの親)

中越典子が演じる西野キヌは、かつて治郎丸の家で女中をしていました。治郎丸からはよく思われておらず、肩身が狭い思いをしています。

スズ子のことをそっと物陰から眼差す「キヌ」には積年の疲労や諦めと懺悔ざんげにじみでていました。

4週20話⇒朝ドラ「ブギウギ」第4週「ワテ、香川に行くで」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

キヌを演じる中越さんはわずかな登場シーンでしたがあの重々しい空気を一瞬にしてかもし出していました。

5週21話でスズ子はキヌが住んでいる隣村へ向かいます。そこでキヌから当時の事を聞き出しました。

5週21話⇒朝ドラ「ブギウギ」第5週「ほんまの家族や」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

本上まなみ(役:三沢光子)

本上まなみが演じる三沢光子は、神戸の旅館で女中として働く女性です。訳あって、はな湯を訪ねてきます。

三林京子(役:大西トシ:鈴子の祖母)

三林京子が演じる大西トシは、ツヤの母親で、鈴子の祖母です。鈴子とは小学生のとき以来、長らく会えていません。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期「はな湯お客」のキャスト。

宇野祥平(役:銭湯の釜炊き・ゴンベエ)

宇野祥平が演じる銭湯の釜炊き・ゴンベエは、鈴子たちの銭湯「はな湯」の住み込みの従業員です。

謎の男ですが、頼りになる優しい男で梅吉たちに恩を感じている人です。

なだぎ武(役:易者)

なだぎ武が演じる銭湯の常連客・易者は、鈴子たちの銭湯「はな湯」がある商店街で占いをしています。

銭湯にもよく客として訪れていて、鈴子からは、「この占いは当たらないで有名」と言われている易者さんです。

岡部たかし(役:常連客・アホのおっちゃん)

岡部たかしが演じる銭湯の常連客・アホのおっちゃんは、いつも薄汚い格好をして、よく酒に酔っているおっちゃんです。

でも、大工仕事が得意です。そして、なぜか、「アホのおっちゃん」だけはいつもタダで銭湯に入っています。

チビ鈴子が不思議に思い母・ツヤに聞いていましたね。

⇒⇒朝ドラ「ブギウギ」第1週「ワテ、歌うで!」のあらすじと感想。

三谷昌登(役:キヨ)

三谷昌登が演じるキヨは、鈴子たちの銭湯「はな湯」の常連客で、八百屋を営んでいます。結婚相手を探していて何度もお見合いをしています。

楠見薫(役:アサ)

楠見薫が演じるアサも「はな湯」の常連客で、銭湯のお客さん相手に、銭湯の休憩スペースであん摩の仕事をしています。

妹尾和夫(役:熱々先生、花田家のかかりつけの医者)

妹尾和夫が演じる銭湯の常連客・熱々先生は、花田家のかかりつけの医者です。

銭湯の常連客でもある熱田先生はいつも「熱々や。身体を冷やしたらあかん」としか言わないので、“熱々先生”と呼ばれています。

「ブギウギ」朝ドラ2023年後期キャスト発表。(第1弾~第13弾)

キャスト発表第13弾。

吉柳咲良は連続テレビ小説初出演です。大人気の若手スター歌手の水樹アユミを演じます。

キャスト発表第12弾。

キャスト発表第11弾。

キャスト発表第10弾。

キャスト発表第9弾。

キャスト発表第8弾。

キャスト発表第7弾。

キャスト発表第6弾。

キャスト発表第5弾。

キャスト発表第4弾。

キャスト発表第3弾。

キャスト発表第1弾、第2弾。

まとめ。

花田鈴子の子役時代が2週で描かれて、大人になった福来スズ子が第3週からスタートします。そして、大阪のUSKのキャストが5週まで描かれます。

第5週までは大阪で暮らす人々やスズ子の母の実家である香川でのキャストも登場し、第6週からはスズ子が東京進出をするので新たなキャストが登場します。

戦前から戦中、戦後と日本社会が変化する中でスズ子が披露する歌も変わっていき、キャストも変わっていきます。

変化に対応するスズ子を見守りながら半年間を楽しみながら視聴してまいります。

2023年朝ドラ「ブギウギ」
スポンサーリンク
U-NEXT
U-NEXT

朝ドラから始まる私の日常生活。朝が楽しみです。

でも、見逃してしまった日は、午後のスタバーで「U-NEXT」にログイン。

朝はTVで、昼ならスマホ。いつでも、どこでも「U-NEXT」で朝ドラ。

アマゾンプライム

配送料が無料のアマゾンプライム。

会員の方は無料で映画やドラマをイッキ見しています。更に、「NHKオンデマンド」を
チャンネル登録し、貯まったポイントで「朝ドラブギウギ」をイッキ見しています。

アマゾンプライム会員はお得なキャンペーンを上手に利用し生活に役立てていますよね。

愛する方へのプレゼントもアマゾンですよ。

アマゾンでは書籍はもちろん、家電、食品、飲料など生活雑貨まで品揃いが豊富です。

takahashiをフォローする
タイトルとURLをコピーしました