fbpx
11月14日からの「舞いあがれ!」第7週は「パイロットになりたい!」です。

山中崇が朝ドラ「ちむどんどん」で演じる田良島甚内とは?

2022年朝ドラ(ちむどんどん)
Pocket

2022年度前期連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」で東洋新聞社のジャーナリスト・田良島甚内で出演する山中崇さんをご紹介します。

「ちむどんどん」は沖縄に生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子とその家族の人生を描く物語です。

田良島甚内はヒロイン・比嘉暢子の幼馴染である青柳和彦が勤める東洋新聞社の上司です。

第8週「再会のマルゲリータ」でヒロイン暢子は勤めていたレストランのオーナー房子から新聞社でアルバイトをすることを命じられます。

その暢子を見守った人物が田良島甚内です。

山中崇が朝ドラ「ちむどんどん」で演じる田良島甚内とは?

山中さん演じる田良島甚内は、暢子の幼馴染である青柳和彦が働く新聞社の上司です。

同時に、暢子が働くレストラン「アッラ・フォンターナ」の常連客でもある人物です。

あるとき暢子がレストランのオーナー房子に突き付けられた、「新聞社でアルバイトをし、高い評価を得ないとレストランに戻さない」

という大きな課題。

オーナー房子から命じられるがまま、暢子は新聞社で働くことになります。

そこで出会うのが田良島甚内。

田良島甚内が暢子に出会う。(8週)

田良島は皮肉屋でもある一方で、若者たちには目配りと愛情を忘れず、強い正義感と知見を誇るジャーナリストです。

ひょんなことから新聞社にやってきた暢子にとって、そんな田良島の熱心な姿は大きな刺激となりました。

見事「アッラ・フォンターナ」に復帰した暢子ですが、田良島との関係は長く続いています。

第8週「再会のマルゲリータ」

田良島甚内の金言。(10週)

暢子の下宿先で居酒屋でもある「あまゆ」に度々出入りする田良島。

愛情と正義感、知見を誇る田良島は、何気ない会話を通して、悩みや不安を抱える暢子に金言を与えていきます。

“明日はきっといい日になる”

その言葉をきっかけに暢子は新しいメニューを思いついたり、前向きになったりと大きな刺激となっているようです。

第10週は「あの日、イカスミジューシー」

今後も田良島の愛情や正義感によって、暢子や和彦が刺激を受け、さらなる成長を見せることに期待したいと思います。

田良島甚内の消費者団体?(11週)

田良島デスクはフォンターナオーナー房子のアイデアで匿名の消費者団体から新聞社の内部告発を投稿します。

その投稿とは「批判記事を上層部が広告主に忖度して握りつぶした」との内容でした。

「ちむどんどん」第11週(東京編)「ポークとたまごと男と女」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

田良島甚内は「大野愛」を応援。(14週)

田良島デスクは愛のジャなリストの才能を見抜き愛の夢でもあった「パリ行き」を後押しします。

「ちむどんどん」第14週(東京編)「渚(なぎさ)の、魚てんぷら」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

山中崇が出演した朝ドラと大河ドラマは?

山中崇が出演した朝ドラ。

2013年:ごちそうさん(室井幸斎 役)
2018年:半分、青い。 ( 浅葱洋二 役)
2020年:エール(天野弘 役)

2013年、NHK連続テレビ小説第89作として放送された「ごちそうさん

東京・本郷の洋食店で生まれ育った食いしん坊の卯野め以子を主人公に、「食べ、食べさせ、生きる」ことをテーマとして、家族の絆と生き方を描いた物語です。

山中さんは、売れない文士・室井幸斎役としてレギュラー出演を果たしました。

破天荒だけど、何だか憎めない人物という役どころで、お茶の間を盛り上げました。

出演シーンはそこまで多くありませんが、強烈な印象を残した山中さん。

演技力や表現力の高さが発揮された結果といえます。

山中崇の大河ドラマ出演作。

2013年:八重の桜(大庭恭平 役)
2017年:おんな城主 直虎(八助 役)
2022年:鎌倉殿の13(人平賀朝雅 役)

2022年放送のNHK大河ドラマ第61作「鎌倉殿の13人」

舞台は平安末から鎌倉前期。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にさまざまな教えを受けた二代目執権・北条義時を主人公に、彼の生き様、翻弄される周囲の人々を描いた物語です。

山中さんは、平賀義信の次男・平賀朝雅を演じます。

北条時政とりくの娘婿となる人物で、その結婚が悲劇を呼ぶともされています。

「品はいいんだけど、うさん臭い」

といったイメージを指示され、役作りに励んでいるそう。

共演者からはさっそく「うさん臭い」と言われたそうで、役に入り込む山中さんの俳優としての力が感じられますね。

5年ぶりの大河ドラマ出演ということで、楽しみに見ていきたいと思います。

大河ドラマ2022「鎌倉殿の13人」のキャスト一覧。残りのキャスト発表。

何話で登場するかは現段階では解りません。解り次第お知らせします。お楽しみに!

大河ドラマ2022年「鎌倉殿の13人」のあらすじ(ネタバレ)と感想の一覧。

山中崇ってどんな人?

ここからは、山中さんご本人について紹介していきます。

山中さんは、東京都出身の俳優で、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍されています。

お芝居を始めたのは学生時代のようで、その頃から多くの舞台に立っていたそう。

大学時代は就職活動もしましたが、岡本太郎の著書「自分の中に毒を持て」に刺激を受け、芝居の道に進むことを決意したといいます。

デビューしてしばらくは、普通の青年を演じることが多かったという山中さん。

2007年に出演した映画「松ヶ根乱射事件」でクセのある男を演じ、それ以降は役の幅が広がったそうです。

非道な悪役から清々しい好青年まで、あらゆる役どころを演じてこられました。

オールマイティな才能と記憶に残る不思議な存在感は、山中さんならではの魅力ですね。

そんな山中さんですが、カレーマイスターの資格を持つほどのカレー好き。

撮影現場で55人分のカレーを作ったこともあるといいます。

趣味や好きなことをとことんやるという姿勢が、俳優業そして私生活に活きているようです。

役に自然とはまる不思議な演技力と表現力を楽しみに、今後も応援していきたいと思います。

山中崇の出演映画一選。

山中さん出演の映画でおすすめしたいのはやはり2007年公開の「松ヶ根乱射事件

ある事件をきっかけに田舎町で巻き起こる騒動を、ユーモアたっぷりに描いたブラックコメディです。

山中さんが演じるのは、主人公の兄・鈴木光。

警察官をしている弟に比べ、だらだらと実家の酪農を手伝っている光。

そんな平穏な田舎町で死体が発見されたことから、様々な歪みが一気に吹きだしていきます。

光は主人公の兄、そして物語を大きく左右する人物として重要な役どころ。

クセのある人物、そしてクセのある物語ですが、山中さんの俳優としての幅を広げた作品ともいえます。

山中さんの演技力や表現力をじっくり楽しみたい人におすすめの作品です。

まとめ。

2022年春の連続テレビ小説「ちむどんどん」の田良島甚内と田良島を演じる山中崇さんについてご紹介しました。

悪人からさわやかな青年までを自分のものにして演じ切る山中さん。

興味や関心、好きなことに対してまっすぐで、とことん追求しようとする姿勢が見て取れます。

そんな山中さんが演じる田良島は、ヒロイン・暢子にさまざまな知識・ヒントといった金言を与える、愛や正義感に溢れた人物です。

今後も暢子の迷いや悩みを温かく受け止め、さりげなく導く姿勢を見せてくれることを期待したいと思います。

そして今後、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」への出演も決まった山中さんのさらなる活躍を応援していきます。

タイトルとURLをコピーしました