fbpx
11月14日からの「舞いあがれ!」第7週は「パイロットになりたい!」です。

深津絵里(るい)の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第8週のあらすじ。成長した”るい”の相手役は?

2021年朝ドラ(カムカムエヴリバディ)
Pocket

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第8週のあらすじです。

勇が、安子に結婚を申し込みますが、安子は、勇と結婚する気はありません。

安子はるいと別れてロバートと渡米。るいは18歳になり大阪で再出発します。

のプロポーズ後、安子は、再び “るい”と一緒に暮らすことを考えます。

ですが、千吉から「“るい”は、雉真の子として生きていくのが良い」と言われ、許しがもらえません。

“るい”の額の治療費や、教育のためにも安子がとった決断は、千吉の言う通り別々に暮らすことでした。

そんな中、「たちばな」の再建のために動いていた算太が、失恋で大きなショックを受けてしまいます。

算太は、再建資金を持って、突然消息不明に。

安子は、算太が大阪に行った情報を頼りに、ロバートの協力を得ながら探しますが見つかりません。

そして、算太を懸命に探す安子とロバートの関係は、さらに深まります。

突然のロバートからのプロポーズ、その状況を見てしまった“るい”。

幼い“るい”は、安子と一緒に暮らしたい思いが強くあるのに、一方で安子とロバートとの関係が深まっていく様子を見て、自分が捨てられるような感情を持ったかもしれません。

そこから安子への憎しみが親子関係の亀裂を生み、“るい”の心は大きな傷を負ってしまいました。

そして安子は“るい”の関係を修復できないまま、ロバートとアメリカに。

安子と“るい”の関係を修復はないまま、“るい”は18歳になり行動を起こします。

それは、今後の生活にどう影響するのでしょうか。

深津絵里(るい)の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第8週のあらすじ。成長した”るい”の相手役は?

雉真家では、雪衣の間に男の子が生まれ、千吉が亡くなります。後継者もでき、雉真家は安泰です。

そして、“るい”は雉真家を離れて1人立ちすることを決めていました。

深津絵里演じる2代目ヒロイン“るい”編がスタートです。

“るい”は、額の傷を治しませんでした。雉真家に縛られたくない意地でした。

雉真家を離れる決断と意地、そして安子への恨み。

安子と離れることになってから笑うことが少なくなったようです。

新天地大阪で、誰にも縛られない笑顔あふれる自由で楽しい生活を送ってほしいです!

算太のショック

算太は、戦争から帰還し、安子と共に「たちばな」の再建を目指していました。

雉真家女中の雪衣に恋心を抱きますが、雪衣はに心を寄せています。

片想いですが、「たちばな」を再建し、雪衣と一緒に暮らす夢がありました。

ある朝、雪衣がの部屋から出てきたところを目撃し、大きなショックを受けてしまいます。

失恋の痛手から、算太は開店資金を持って消息不明になってしまいます。

「たちばな」再建が思いもよらぬ方向へ。

算太にとっては片想いとはいえ、夢を実現するのに心の支えだった雪衣

雪衣と一緒になることを考えて「たちばな」再建に情熱を燃やしていた算太にとっては、これ以上の悲しいことはなかったのでしょう。

誰にも言わず姿を消す、辛い気持ちも分かります。

るいの入学式は土砂降り

安子は、“るい”とは一緒に暮らせないことになっても、 “るい”の幸せを見守る夢を持っていました。

算太の消息不明によって、その夢ははかなく消えるのでした。

連日算太を探し続けていた安子は過労からか倒れてしまいました。

そして、翌日の“るい”の入学式に間に合わない状況に。

ロバートは、安子をなぐさめ、そしてアメリカに一緒に行こう、「I love you.」と告白します。

安子も「うれしい」と答えますが、“るい”のそばで暮らしたいと断ります。

その状況を、安子を探しにきた“るい”に目撃されてしまいます。

安子とロバートが自分をおいて、アメリカに行くと勘違いした“るい”。

安子に絶望し、泣きながら雉真家に戻ります。

安子が入学式に出れなかったことを謝ろうとしたとき、“るい”は自分の額を見せながら「I hate you.」と言って、安子を遠ざけてしまいました。

入学式の日に、ロバートからの「I love you.」、そして”るい“からの「I hate you.」。

”るい“との関係を修復できない、もどかしさが残るシーンでした。

ロバートと安子

安子は情報を頼りに算太を探しますが、広い大阪を1人で探すことは雲をつかむようなもの。

ロバートの協力を得ても見つかりません。ここでもロバートがでてきますね。

安子にとって、ロバートが親しい友人から大切な人に変わっていった感じがしました。

“るい”から言われた「I hate you.」安子はそれに驚き、何も言えず涙。

そしてロバートと一緒にアメリカに行くことを承諾します。

安子や”るい“のそれぞれの苦しい胸の内が感じられて、とても悲しいシーンでした。(号泣)

”るい“は、この後から雉真家で笑うことが少なくなったようです。

成長したるいが登場

雉真家では、と雪衣の間に子が生まれ、千吉が亡くなります。

“るい”は18歳を機に雉真家を離れて1人立ちすることを決めます。

そして、深津絵里演じる2代目ヒロイン“るい”編がスタートします。

“るい”は、額の傷を治しませんでした。雉真家に縛られたくない意地でした。

大阪のホテルの面接のために新調した服を着ていた“るい”は、道頓堀のクリーニング店の店主(村田雄浩演じる平助)の自転車にぶつけられ、汚されてしまいます。

クリーニング店で平助の妻(濱田マリ演じる和子)の服を借り、ホテルの面接に行くことはできましたが、面接で額を見せることを拒否した結果、落ちてしまいます。

さて、“るい”はどこで働くことになるのでしょう?

クリーニング店のるい。

ホテルの面接は落ちてしまいましたが、平助のクリーニング店で求人募集をしているのを聞いて、住み込みで働くことになった“るい”

平助と和子の漫才のようなやり取りで、徐々に笑顔が戻ってきます。

クリーニングの仕事も熱心に覚えていきます。

ある日、オダギリジョー演じる丈一郎が店に客としてやってきます。

自分の着ていた服まで脱いで洗濯に出すような、かなりあやしい客でした。

その印象に圧倒され、名前も聞けなかった“るい”。

本来客の洗濯物を判別するために洗濯物に名前を縫い付けますが、あらぬことか“宇宙人”と付けてしまいます。

“るい”の奇抜な想像力の豊かさに笑ってしまいました。

雉真家を離れ、ようやく自由になった“るい”の始まったばかりの生活。

明るいものになってほしいです。

まとめ。

“るい“は、安子に自分の額を見せながら、「もう、二度と会いとうねぇ」「I hate you.」と言って、安子を遠ざけてしまいました。

今までどんな時も一緒でしたが、2人の間に深い亀裂が入ります。

そして、この亀裂は修復を迎えることなく年月が経ちました。

“るい”の雉真家に対する意地と離れる決断、そして安子への恨み。

新天地大阪で、誰にも縛られない自由で笑顔あふれるステキな大人になってほしいです。

タイトルとURLをコピーしました