fbpx
11月14日からの「舞いあがれ!」第7週は「パイロットになりたい!」です。

赤楚衛二は朝ドラ「舞いあがれ!」で主人公「舞」の幼なじみ梅津貴司を演じる。(朝ドラ初出演)

2022年朝ドラ(舞いあがれ!)
Pocket

赤楚衛二さんは2022年後期の朝ドラ「舞いあがれ!」で「ヒロイン岩倉舞の幼なじみ」である梅津貴司を演じます。

ここでは赤楚衛二さんが演じる梅津貴司がドラマでどのように成長していくかを紹介します。

赤楚衛二さんは朝ドラ初出演です。

赤楚衛二は朝ドラ「舞いあがれ!」で主人公「舞」の幼なじみ梅津貴司を演じる。

貴司はすごく優しくて、押しつけがましさは一切なく、人に寄り添えるタイプです。

1週~3週までは子役の齋藤絢永(けんと)が演じています。

赤楚さんの貴司の登場は第4週「翼にかける青春」からです。

舞と久留美の幼馴染3人が貴司の父が営むお好み焼き屋「うめず」でお好み焼きを食べているシーンもあります。

舞いあがれ!第6週の梅津貴司。

貴司の大事な居場所がなくなってしまいます。仕事も合っていないようです。どうするのでしょう?

来週はなぜか五島にいるようです。

「舞いあがれ!」第6週「スワン号の奇跡」

舞いあがれ!第5週の梅津貴司。

貴司はもやもやとした気持ちを内に留めてしまうタイプですね。

岩倉製作所のホームページを作成する貴司はなんとなく元気がありません。舞の母・めぐみはそんな姿が気になっています。

舞がアルバイトしている「ノーサイド」にやってきてコーヒーを飲んでいる姿も元気がありません。

舞は貴司を夕食に誘いました。

それは貴司が忘れ物をした一枚の紙に「干からびた犬」と書いてあったからです。

舞と久留美と3人でお好み焼きを食べていると貴司が「干からびた犬」は今の自分だと言います。

朝ドラ「舞いあがれ」23話「空を飛びたい!」のあらすじ(ネタバレ)

舞いあがれ!第4週の梅津貴司。

幼少期から10年後、平成16年(2004年)18歳になった貴司は就職していました。

柔らかい物腰は変わりません。古本屋の片隅で佇み本を読んでいます。

舞は人力飛行機の魅力について貴司に語ります。貴司はうんうんと耳を傾けます。

「よかったな。ええもんに出会えて」という優しい語り口調になぜかジーンときますよね。

幼なじみの舞のことを大切に思っているのでしょう。

舞いあがれ!第1週~3週の梅津貴司。

齋藤絢永くんが演じる幼少期の貴司は、病弱でなかなかクラスに馴染めない浅田芭路ちゃんが演じる舞をさりげなく気遣う優しい男の子です。

両親ゆずりの明るい性格でクラスでも人気者です。

貴司は古本屋の「デラシネ」に舞を誘います。そこで、店主・八木との出会いから詩の世界に入り込んでいきます。

言葉の魅力に惹かれた瞬間でした。

赤楚衛二とは

まとめ。

主人公「舞」の幼なじみなので、舞の支えになったり、舞の背中を押したりしながら舞にとって心のオアシスになっていく存在だと思います。

ですので残念ながら恋人になる候補では現段階ではないような気がしています。

貴司のような青年は現代社会でも多くいると思います。

ごくごく普通の青年ですが、やはり自分を見失ったときに何かに没頭したい時ってありますよね。

貴司は詩の世界にのめり込んでいくのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました