fbpx
11月14日からの「舞いあがれ!」第7週は「パイロットになりたい!」です。

朝ドラ「舞いあがれ」24話「空を飛びたい!」のあらすじ(ネタバレ)

2022年朝ドラ(舞いあがれ!)
Pocket

朝ドラ「舞いあがれ」第24話「空を飛びたい!」のあらすじ(ネタバレ)をお届けします。

11月2日放送の「舞いあがれ」第23話「空を飛びたい!」では、「なにわバードマン」に設計の刈谷が戻ってきました。

部員たち皆で目標に向かって頑張る様子が描かれていましたね。

朝ドラ「舞いあがれ」24話「空を飛びたい!」のあらすじ(ネタバレ)

放送:11月4日(金)3日の放送でしたが、社会情勢で3日の放送は休止でした。

さだ語り:記録飛行まで後1月。大学が夏休みに入って、舞ちゃんのトレーニングは増々過酷になりました。
さだ語り:それなのに・・・。

舞は懸命に努力しています。でも、目標体重に届きません。なぜなら、運動すると筋肉が付いて減量分が相殺されてしまうのです。

舞の目標設定変更。

現在の舞の体力は190ワットで29分が精いっぱいです。同じ強度で50分間漕ぎ続けることは大変難しい状況です。

そこで、刈谷は舞の目標設定の変更を提案します。

舞の体力を180ワットに減らし、漕ぐ時間を10分増やして60分にします。

でもこの場合はスワン号を作り直さねばなりません。部員は気持ちよくその作業に取りかかります。

舞の朝食。

舞の朝食はプロテインをシェイカーで飲んで終わりです。

舞は一度決めたら一心不乱に努力するタイプになっていました。五島で祥子からの教えが生きていますね。

舞の前に由良が現る。

舞がトレーニングをしていると、松葉杖の由良がやってきて舞の言葉に耳を傾けます。

舞:思ったように行きへんくて。やれること全部やってるつもりなんですけど

それを聞いた由良は、舞に琵琶湖へ行こうと誘います。

琵琶湖は人力飛行機の距離を競うイカロスコンテストの会場です。記録飛行の舞台となる琵琶湖に舞を誘います。

舞はトレーニングも兼ねて。

舞はトレーニングも兼ねてロードバイクで琵琶湖に向かいます。

車で先行する由良は、舞のペースを見て鶴田にスピードを落とすように頼み、舞には発破をかけるのです。

しかし、琵琶湖を前にしても舞の表情は晴れません。どうしたのでしょうか?

舞の心配事。

舞:申し訳ないです。みんなは暑くて狭い部室でスワン号を直しているのに、私が目標に届かへんせいで、みんなの作業、増やしてしもうてるんです。

幼少時代の舞に戻ってしまったのか?周囲に遠慮して自分を責めています。

舞:怖いんです。みんなの努力、台無しにしてしまうんちゃうやろかって。

まさか、五島で一太のばらもん凧を壊してしまった件を思い出してしまったのか。

福原遥は朝ドラ「舞いあがれ!」のヒロイン岩倉舞を演じる。

舞を励ます由良。

由良は弱気になった舞を責めるでもなく舞に言うのです。

由良:考えたらええやん。岩倉にしかできひんことがぎょうさんある。
由良:自分、空飛ぶんやろ? 飛行機は向かい風を受けて高く飛ぶんや。

と由良は舞に言葉を添えるのです。

由良だって悔しいはずです。でも舞に期待しているのも事実です。琵琶湖を見つめながらつぶやいていました。

由良:ここで新記録出したかったな。
舞はこの言葉で吹っ切れたと思います。部室に戻った舞は表情は爽やかでした。
舞:もう大丈夫です。
さだ語り:翌日から由良先輩と二人三脚のトレーニングが始まりました。

いよいよテスト飛行

舞と同期の日下部がスワン号の内部に空気が流れるように提案します。

舞の負担をより少なくするためです。ただ、機体を作り直さねばなりません。

でも、同期の藤谷も賛成します。胴体班長の渥美も二人の熱に圧倒し作り直しを開始しました。

このとどめの描き方は感動ですね。涙線崩壊です。

試験飛行に向けて一歩ずつ準備を重ねてきた舞と部員たちは、いよいよ週末のテスト飛行に臨みます。

第5週21話~25話のまとめはこちら
朝ドラ「舞いあがれ!」5週「空を飛びたい!」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

まとめ。

由良が、舞を琵琶湖に誘い舞のトレーニングに付き合いながら指導します。それは由良の細やかな気配りですよね。

舞は悩んでいました。皆の期待に応えることができるのか?

でも、由良と一緒の琵琶湖のトレーニングは舞の心配事を無くしてくれました。由良は繊細な人なのです。

次は25話「空を飛びたい」です。

タイトルとURLをコピーしました