転職する前に、クラウドワークスの副業で収入を得よう。
スポンサードリンク
Pocket

転職を考える前に、クラウドワークスの副業で収入を得てみませんか。

国や自治体はリモートワークを推奨しています。でも、通勤時間には大勢の方々が通勤していますよね。

はたしてコロナ禍でリモートワークは進んでいるのでしょうか?企業は「働き方改革」で勤務時間を減らす方向ですね。

そこで、「在宅で手軽に副業を始めてみたいな」という軽い気持ちで「副業」をネット検索するとその中でクラウドワークスが目に入りました。

クラウドワークス内にある仕事や案件を閲覧したとき、「工場勤務の私に出来るのか?」という不安もありました。

でも、やってみてから判断してみようと、思い切ってクラウドワークスに登録しました。

クラウドワークスには私のように未経験でノースキルでも出来る仕事や案件はたくさんあります。

経験を積んでいけば高単価な案件にも挑戦でき頑張れば稼ぐこともできるようです。

また、パソコンとインターネット環境があれば誰でもやれるというのはとてもハードルが低く初心者の方でも始めやすいと思います。

在宅ワークで自分の好きな時間・好きな場所で作業をおこなえる点も非常に魅力的ですね。

私は、クラウドワークスを始めたばかりのライターです。

ですが、ライティング経験を積みながら報酬を頂けることにとても満足しています。

この機会に興味のある方はクラウドワークスに登録して始めてみるのはいかがでしょうか。

転職する前に、クラウドワークスの副業で収入を得よう。

クラウドワークスの仕事の一つとしてWebライターがあります。Webライターとは、インターネット上に配信する記事を執筆するお仕事です。

ですので、

自分の得意なジャンルや趣味などを活かして簡単な記事を書いていく仕事から、専門性の高い記事を執筆する仕事まで、幅広いジャンルがあるのが特徴です。

Webライターは、文章を書くことが好きな方であれば、誰でも始められる仕事です。

クラウドソーシングサービスでも案件が多く、仕事を見つけやすいというのもメリットです。

また、家から一歩も出ずに仕事をできることや、どこでも働けるというのも魅力の一つです。

コツコツと作業することが好きな方やタイピングスキルがある方、幅広い趣味を持っている方におすすめの副業です。

クラウドワークスの中にも「Webライター」があります。

クラウドワークスは、インターネット上で仕事の発注・受注、アイディアなどを募集したりするポータルサイトです。

クライアントと契約を結んで作業をおこないます。

ですが、実際に会って作業することはなく(リモート会議をすることはある)仕事の応募から受注、納品まですべてをインターネット上でおこない在宅での作業が可能です。

クラウドワークスには多くの仕事が毎日更新されており、自分に出来そうな仕事・興味のある案件に応募するだけで誰でも簡単に始めることができます。


クラウドワークスの流れ。

  • まず仕事を探す
  • 仕事に応募する
  • 仮テストに合格する(無い時もある)
  • クライアントと契約する
  • クライアントが仮払いをする
  • 仮払いを確認後作業を行う

 

作業後納品する→ クライアントが検収を行う(支払い確定)→報酬を受け取る→お互いを評価する→取引完了という流れで行っていきます。

また、クラウドワークから案件を受注するうえで以下の仕事依頼形式があります。

  • プロジェクト形式(固定報酬)
  • プロジェクト形式(時間単価)
  • コンペ形式
  • タスク形式

 

この4種類の中から自分に出来そうな仕事や案件を検索して応募していきましょう。

クラウドワークス受注者のメリット。

メリット

未経験・ノースキルでも始められる案件が多数あります。

自分に興味のある仕事に応募できます。

ライティングスキルを向上(勉強)できます。

在宅で仕事を受注できます。

好きな時間・好きな場所で仕事をすることができます。

 

などなどスキマ時間を活かし、誰でも簡単に始められることが最大のメリットだと思います。

クラウドワークスの受注者のイメージ。

受注者のイメージ

働き方改革で残業時間カットになったサラリーマン

子育てに余裕ができた主婦

定年退職したシニア世代

フリーランスとして独立を目指している人

 

などの方が、クラウドワークスをやっているイメージです。

私自身、本業だけの収入では将来に不安を感じていたので思い切って挑戦してみました。

クラウドワークスの作業内容。

クラウドワークスには主に3種類の仕事形式があります。

  • プロジェクト形式(固定報酬)

固定報酬とは納品や業務完了に対して報酬が設定される形式です。

契約前、クライアントと仕事内容や納期、報酬などを調整し双方が合意したうえで契約を結びます。

  • プロジェクト形式(時間単価)

時間単価制は、報酬が1時間ごとの金額で設定され、実際に作業した時間で報酬が支払われる形式です。

作業時間を把握するためタイムカード(クラウドワークスが提供しているアプリ)を使用し作業時間を集計します。

  • コンペ形式

企業などから募集された内容に対して提案をおこなう形式です。

会社の名前や商品のキャッチコピーなど理由も考え提案します。

クラウドワークスの登録方法。

クラウドワークスの登録方法は順序に沿って入力していくだけなのでむずかしいところはありませんでした。

ですが、自分のプロフィールを記入するとき記載できるスキルも経験もなかったので非常に困り、かなり時間がかかってしまいました。

また、個人情報を入力しなければならず少し不安に感じました。

でも、クライアントからみたとき個人情報を入力していない人と仕事をしたいと思わないのできちんと入力することをおススメします。

クラウドワークスの登録前に知っておくメリット。

メリット

未経験・ノースキルでも始められる案件が多くあります。

自分で仕事の量・時間を選ぶことができます。

実績を積めば、高単価の案件に挑戦できます。

全国から仕事を受注できます。

人間関係に悩むことなく、在宅で作業できます。

 

他にもたくさんありますが誰でも始めることができ、最初のハードルも低いです。

クラウドワークスの登録前に知っておくデメリット

デメリット

やはり経験を積まなければ高単価の仕事・案件を受注することはむずかしいです。

しかし経験を積みさえすればいろいろなことに挑戦できます。

 

あとは本人のやる気次第ですね。

 

スポンサードリンク

クラウドワークス初心者が知って得する進め方のまとめ。

副業をしたいと考えてる方が多くなってきた今の日本社会のなかでますます「クラウドソーシング」が主流になってきます。

好きな時間・好きな場所で働きたい。

会社に通勤せず在宅で仕事がしたい。

週末の空いた時間仕事したい。

子供が寝ている間や学校に行っているスキマ時間を活用したい。

将来の生活や貯金などお金に対する不安をなくしたい。

本業以外で収入が欲しい。

この日本の社会構造の中で、未経験・ノースキルでもパソコンとインターネット環境があれば誰でもできる「クラウドワークス」が最適であると私は思います。

スポンサードリンク