Pocket

キャリアアップ人事キャリアアップ人事


今回ご紹介する方は大手メーカーの営業職として働いていた
20代の女性です。

ただ、労働環境の不満でベンチャー企業の営業職に転職しました

営業職営業職

私は新卒入社で「大手メーカーの営業職」として勤務していました。

 

仕事内容や周囲との人間関係は良好で満足していたのですが、労働環境の部分に不満を抱いていました。

 

忙しいときは、終電まで仕事するのが普通でしたし、休日出勤も多く、職場と家との往復を繰り返すだけでした。

 

周りの同期入社の友人たちが、定時退社や仕事終わりに飲みに行ったり、楽しそうな生活と過ごす中、私だけが仕事に追われている状況に疑問を感じていました。

キャリアアップ人事キャリアアップ人事


最近は労働環境への不満がとても多いですね。
今回の女性もキャリアアップを意識しないで転職をしてしまったようです。

 

やはり大手メーカーの営業職の方がキャリアアップにはなるのではと
転職後に気が付いたようです。もったいないですね。

 

これからの時代はキャリアアップした「より専門性の高い人材」を企業は
求める傾向にありますよ。

 

ですので、先ずはキャリアアップするための⇒⇒⇒ 無料で学べるキャリアアップ型転職サイトに登録しておきましょう。

 

登録は無料ですので、facebook又はメールアドレスで登録しておいて下さい。

 

例えば、無料で学べるオンラインセミナーや、各業界の第一線で活躍するビジネスマン(プレミアムメンター)の勉強会に参加できます。

 

AIやブロックチェーンといった最新のテクノロジーや、

 

組織づくりやマネジメントといったビジネススキルを、少人数でじっくり学ぶことが出来ますので必ず登録だけでもしておきましょう。

 

あなたが、「スキルをもっと高めたい」、「もっといい会社へ転職したい」、今より「成長したい」という20代のエース社員で都心にお住いの方なら絶対に登録して学んで下さい。

スポンサードリンク

転職で悩んでいた「営業職」20代女性が転職を決意。

私自身、かなり苦労して就職活動をして、高倍率を通過して入社した「大手メーカー」だったこともあり、正直転職はもったいないと感じていました。

 

そこで、まずは転職ではなく、働き方の見直しを行いました。

 

できるだけ人の手を介さないように事務作業のシステム化を実施し、早く帰宅できるように仕事に優先順位をつけて進めるように働き方を見直しました。

 

20代女性が転職を決意したのは帰宅時間

しかし、やればやるほど、依頼される仕事量も増えていったため、結局、帰宅時間は当初と変わりませんでした。

 

そこで、転職活動を始めることを決意したのです。

 

私にとって初めての転職活動であったため、進め方が分からず、まずは転職エージェントに登録することにしました。

 

すぐにエージェントから電話があり、後日面談を実施してもらいました。

20代女性が転職を決意した後の気持ちは?

転職を決めてからは気持ちが楽になりました。

 

以前のような終わりのない残業地獄ではなく、4月まで頑張れば転職できる!という心境で、気持ちにもゆとりができました。

 

実際の転職先は、残業している人は非常に少ないですし、従業員が早く帰ろうという意識が強いため、私の希望に合致しておりとても満足しています。

20代女性が転職を決意した後の後悔は?

私は「大手メーカー」から「ベンチャー企業」に転職をしたため、「福利厚生」「給与」に関しては前職のほうがよかったと後悔しています。

 

転職時は、とにかく残業が少ないことと、定時退社推奨しているという尺度で、企業探しをしていたため、ベンチャーでも気にしていませんでした。

 

しかし、生活面を考慮すると、福利厚生や給与も留意すべきであったと感じています。

転職で悩んでいた「営業職」20代女性が異業種で同職種に転職した理由

私の場合は、異業種で同職種に転職しました。

20代女性が異業種で同職種に転職した理由はスキル?

実のところは、営業職から人事職に転職希望しており、いくつか応募したのですが、企業は即戦力となる人材を求めているため、人事部門では内定を頂くことはできませんでした。

 

あとは、人事部門は専門職ということもあり、募集数も営業部門に比べて少なかったです。

 

ただ、同じ業界は労働環境も類似しているという話を聞いたことがあったため、せめてもの想いで業界は全く異なる業界を選択することにしました。

20代女性が異業種で同職種に転職して良かったこと

同じ営業転職であったため、前職で培った商談スキルや資料作成スキルは活かすことができました。

 

たとえ販売する商材がことなったとしても、営業先での振る舞いや雑談スキルは変わらないためです。

20代女性が異業種で困ったこと

同じ職種であるが故に、良くも悪くも比較してしまいます。

 

前職の方が効率的な営業実績管理をいたので、最初は管理の煩雑さに愕然としました。

 

また、私は同職しか経験していないので、仮にもう一度転職を考えたときは、異業種への転職はさらに難しくなると感じています。

転職で悩んでいた「営業職」20代女性が転職を決意した理由のまとめ

私の場合は、大手企業からベンチャーへの転職だったので、正直キャリアアップにはなっていないと思います。

 

あのまま大手企業にいたほうが、自分の市場価値は高かったのでは?と思うことさえありますね。

 

ただ、2社経験したことで、それぞれの企業の仕事の進め方や業界の知識を学ぶことができたため、ずっと同じ会社に勤めている方よりも幅広い経験をしたと自負しています。

 

転職先(大手か?ベンチャーか?)によっても変わると思うので、一概には転職=キャリアアップとはならないと考えています。

キャリアアップ人事キャリアアップ人事

いかがでしたか!?正直キャリアアップの度合いは人それぞれです。

ですが採用側からみればその職種は深いのか?浅いのか?を見極めないとなりません。

 

もし浅いと判断しても、勉強熱心であれば採用します。

 

これからは政府がすすめている「働き方改革」は副業を認めています。(裏は企業の支払いの能力ですが・・・)

 

今後は定時退社が一般的になります。ですので企業の「福利厚生が充実」して人間関係も良好であれば転職は避けた方が良いと思います。

 

転職を考えている方は参考にして下さい。

 

そして、収入だけを考えるなら「あなたの好きな分野」「あなたの専門性を活かし」自宅でも作業ができて収入を得ることも可能な時代です。

 

このネットサービスはこちらです。⇒⇒⇒「クラウドテック」です。

 

先ずはあなたの得意分野で経験をして下さい。残業代以上の収入を得ている方も沢山います(

 

転職はキャリアアップになる転職を!!