fbpx

2021年自民党総裁選は河野、岸田、高市、野田の4名で岸田文雄が新総裁。

政治
Pocket

突然の菅総理総裁が自民党の総裁選を不出馬宣言したことで、派閥の力学が働くのか?それとも自民党員の一票は誰を選ぶのか?

 

その後の衆議院選挙の前哨戦の意味を持った戦いになっています。

2021年自民党総裁選。

9月26日現在の総裁選予想。

1位 河野太郎(58)
2位 岸田文雄(64)
3位 高市早苗(60)
4位 野田聖子(61)

という順位が各誌での発表でした。

 

国民人気が高い河野さんと同じく国民人気が高い石破茂元幹事長そして小泉進次郎環境相とタッグを組みました。

 

選挙戦術は党員・党友票で他を圧倒し、1回目の投票で決着をつけるべく総裁選に打って出たのです。

 

しかし、伸び悩びました。

 

“河野さんには総裁・首相になって欲しくない”という官僚たちがいるのは事実のようです。

 

そして、派閥の力学が働きました。

 

自民党議員の忖度の度合いは安部元総理に向けられています。

 

一般国民の情報はTVやツイッターでの情報しかありません。

 

このまま進めば安部傀儡政権が誕生するかも知れません。

 

安部・菅時代に作り上げた隠ぺい政治を続けていくのか?

 

賢い国民はこの総裁選をじっくりと観察しながら次への衆議院選挙の判断材料にしましょう。

2021年自民党総裁選。29日。

菅総理から誰がバトンタッチするのか?9月29日に解ります。

 

現職総理として菅さんは河野さんの支援に回りました。この意味は何なのか?

 

小泉進次郎さんも、河野氏の支持者。党員人気の高い小泉氏、石破氏と河野氏による “小石河” 連合ですね。

 

この連合と岸田、高市、そのバックにいる安部、麻生連合の一騎打ちになりますね。

 

私は “小石河” 連合になって欲しいのですが、岸田さんが総裁になれば決勝ラウンドでは苦戦すると思います。

 

そして野党の力が強くなると思います。

2021年自民党総裁は決選投票で岸田文雄。

任期満了の伴う総裁選挙が9月29日、都内のホテルで議員投票・開票が行われ、岸田文雄氏が第27代総裁に選出されました。

 

候補者 議員票 党員票 合計
岸田文雄 146 110 256
高市早苗 114 74 188
河野太郎 86 169 255
野田聖子 34 29 63

以上の結果になりました。

有効投票総数762票の過半数を超える得票を得た候補者がいなかったため、岸田候補、河野候補による決選投票が行われました。【】

 

【決選投票】

候補者 議員票 都道府県票 合計
岸田文雄 249 8 257
河野太郎 131 39 170

決選投票では上記の結果で岸田文雄候補が新総裁に選ばれました。

 

まとめ。

安倍元総理が総裁選で高市早苗さんを応援し高市さんは議員票を114確保しました。

 

安部さんの本当の狙いは何だったのか?本当に高市さんを総裁にしたかったのか?

 

それは解りませんが、残念だったのは河野さんが原発での発言がトーンダウンしたことです。

 

自分の信念を総裁選ではありますが国民の前に見せて欲しかったと思います。

 

これで衆議院選挙の争点は決まりましたね。既得権を打破するか?維持する勢力が勝利するのか?

 

日本の未来が決まります。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました