玉川徹出演「羽鳥慎一モーニングショー」9月。菅首相自民総裁選に立候補せず。
Pocket

玉川徹出演の「羽鳥慎一モーニングショー」は9月に入りました。今月も玉川徹氏がコメントする日本の政治そして都政についてピックアップしていきます。

9月最初の週末金曜日の放送予定は以下の通りでした。

パネル解説では「菅内閣、改造人事は?」とあるように、菅総裁は総裁選挙に出馬する方針を示していました。が・・・

玉川徹出演の「モーニングショー」9月。菅首相 自民総裁選に立候補せず。

しかし、自民党は3日午前11時半すぎから党本部で臨時の役員会を開いていました。

そこで菅総理総裁は自民党総裁選挙に立候補しないことを明らかにしました。自民党総裁選挙今月17日告示、29日投開票の日程で行われます。

これにより党役員人事についても実施せず、今月末に総裁の任期が満了で総理大臣を退任することになります。

モーニングショーの放送時間外でしたので、このニュースは9月6日月曜日のトップニュースとして玉川徹氏のコメントを聞くことができるでしょう。

菅総理総裁のこの1年は何だったのでしょうか?学術会議の人事で始まり自身の解散権や党の人事権を行使できないで権力の座を退くことになりました。

この間、国会も閉鎖中なので生活困窮者への支援の法案も審議せずに弱い立場の日本国民が見放されていきます。

自民党総裁選立候補者。

岸田文雄元外務大臣は8月26日菅義偉首相(党総裁)の総裁任期満了に伴う総裁選について、「立候補することを決意した」と表明しています。

高市早苗前総務大臣は、9月8日「日本を守る責任と未来を開く覚悟を持って、自民党総裁選挙への立候補を表明する」と宣言しました。

河野太郎行政改革担当大臣は9月10日、国会内で記者会見を開き、自民党総裁選に立候補することを正式に表明しました。

石破茂元幹事長と野田聖子氏はまだ立候補していませんが各政治評論家は出馬の意向はないと分析していますが、まだ分かりませんね。誰が自民党総裁なろうとも、日本は新たな政治的混乱の時代に突入することは確実です。

玉川徹氏のコメント

「今回の総裁選が自民党の中の単なる権力争いを超えるものになるかどうかを注目していた。

そうなるためには河野さん(がキーマン)だった。

今までの自民党の既得権から離れて、日本のためにこれが必要だと思うことをやるという河野さんの貫く力を示せるかどうか。その象徴が脱原発だった。

その主張を引っ込めたわけですが、中には『本音としては河野さんは脱原発だよ』という人もいるかもしれない。

これまでずっと言ってきたから。でもそれは僕はナシだと思っている。

言ってないけど、そういう風に思ってくれるよねというのはナシだと思う。

やはり、一番直近で政治家がしゃべったこと、それ以上でもそれ以下でもない。

それが政治家の発言だと思う。忖度してくれるよね、という話はない。

自民党の中には『そういう風に言っても、総理になったら脱原発を進めるんじゃないか』と思っている人もいると思うが、国民はそうではない。

やはり、表に出したこと、政治家は言葉が命ですから。だから会見を聞く限りにおいては、僕自身は河野さんは脱原発はないと判断するしかない」

今朝の玉川氏のコメントは説得力がありますね。

確かに河野さんは立候補の言葉はマイルドになっています。誰に気遣いしているのか?国民は誰もが解っています。

元総理の小泉純一郎さんのように「自民党をぶっ壊す」と強烈なトーンがなければ今の自民とは変わりません。

安部・菅政権がこれからも顔を替えて続けていくのでしょう。やはり最後の頼みは石破さんなんですが、やはり勝てない総裁選へは出馬しないのでしょうか?

パネルディスカッションの解説者・田崎史郎氏は反論していませんでしたね。

自民党総裁選立候補者は3名か?

総裁選に立候補を表明した河野太郎氏が13日、石破茂元幹事長と会談し、直接協力を要請したそうです。これで石破氏は不出馬になりますね。

仮に石破氏が不出馬になれば、その票は河野氏へ流れるのでしょうか?

河野氏への応援は小泉さんも表明し地元の自民党県会議員にも働きかけているようです。

果たしてこれで河野氏が候補者の中で最も有利となったのでしょうか?

玉川さんも番組内でコメントしていましたが、日本を変える政治改革の一つは安倍・麻生支配の改革です。

そして、もう一つは既得権を持っている組織を解体できるか?の改革です。

玉川さんは、安倍・麻生支配というのは改革できるかもしれないとコメントしていました。

しかし、本当に大事なのは既得権の打破であることもお話していたので、原発の有無に象徴されるような改革を河野、石破、そして小泉氏の連合で変えて欲しいですね。

玉川さんも河野氏に期待を寄せていました。

自民党総裁選立候補者は4名。

4人目の総裁選出馬表明は、告示前日の16日夕方で野田聖子でした。

今回は「推薦人を整えていただき、出馬することになった」と締め切り間際の出馬表明でした。

河野太郎、岸田文雄、高市早苗そして野田聖子の4名で自民党総裁選を戦うことになります。

今回の総裁選の裏テーマは、党実力者による露骨な「河野つぶし」と言われていますが、9月17日の告知日に菅総理は河野太郎を支援することを宣言しました。

これで河野太郎を支援する小泉、石破「小石河連合」に加えて菅氏が加わることになります。

「河野首相誕生」の阻止にうごめく塊と「河野首相誕生」を実現させる塊の戦いになります。

テレ朝の玉川氏は論点を”脱原発”で争って欲しいような意見ですが、同感ですね。経済界にとって原発は巨大な既得権益の塊が存在します。

既得権を守るのか?既得権を打ち破るのか?その後の衆議院選挙にも影響するので4名の政策論理を注視しながら総裁選を見守りましょう。

玉川徹出演の「モーニングショー」9月。東京の野戦病院設置は期待できない?

3日玉川徹氏は

「今はコロナ病床を10床増やすと、一般病床は30床減らさないといけないという状況になっている。病院側にさらにコロナ用病床を増やして下さいといっても弊害がいっぱいあるんです。そういうことを含めて、いわゆる野戦病院をという話が出て、大阪府は動き始めているが東京都はやらない」

と指摘していました。

東京都の医師会長が都知事に『野戦病院を作ってくれ。人材はなんとかします』とまで言ってるニュースは何度も流れていると思います。

にもかかわらず、なぜやらないのでしょうか?本当に疑問です。

小池さんは都民のために働く知事だと思っておりましたが、これではいくら都知事が会見で『災害レベルの状態が続いている』と繰り返しても、心に刺さりません。

どうして日本の政治家はこのように行動が都民の想いが伝わらない行政を行っているのでしょうか?

災害レベルの対応はやっていないということですから、小池知事は有事にはまったく対応できない知事ということになりますよ。

と玉川氏は批判していましたが、わたしもまったくその通りだと思います。

玉川徹出演の「モーニングショー」2020年の9月の出来事。

昨年は9月は菅政権が誕生していたのですね。1年は早いです。

安部政権が退陣する報道があり連日モーニングショーでも取り上げていましたね。

まとめ。

9月が始まったばかりで国政が動く出来事が起きました。国民が今苦しんでいる中でタイミングは決して良いとは言えません。

9月末には自民党総裁が決まります。その後には衆議院選挙が必ずあります。現与党が過半数を取るのか?それとも野党が伸ばすのか?

それは国民の想いを票にすることでこれからの日本のリーダーが決まるのです。

スポンサードリンク