Pocket

玉川徹さん出演の羽鳥慎一のモーニングショー新年最初のパネルディスカッションは「緊急事態宣言」についてです。

 

しかし、今年もこの不毛な論議をモーニングショーでもしなければならないのですかね。

 

今日は先ず岡田先生のコメントを紹介します。

岡田晴恵岡田晴恵

若い人に行動変容を促すことだと思うんです。無症状とか軽症で高齢者にうつすとか社会に広げるとか、これが今、大きな問題となってきていますので、若い人にどうか社会のために行動を抑制していただきたい

スポンサードリンク

玉川徹出演のモーニングショー1月4日のコメント

先ずは岡田先生のコメントが的を得ていると思います。昨年12月のブログに記載しましたが、我が家は年末に「家庭内感染」しました。

 

私自身はほとんど人と接していません。昨年の4月の緊急事態宣言から人と会っていません。

 

しかし若い方は家でじっとしていることは無理です。感染対策していても今は感染してしまいます。

 

ですので、岡田先生のコメントを番組もどれだけ真剣に耳を傾けるかにかかっていると思います。

 

そもそもモーニングショーを若い方が視聴していますか?渋谷の映像をみればコロナは収束しません。

 

そして実際に感染すると大変です。(12月のブログに記載しました)

 

テレビを見ない若者に岡田先生は

岡田晴恵岡田晴恵

そういう人に行動変容をお願いする、と。これができない限りは冬もっと大きな流行になってしまう」

とコメントしていました。

スポンサードリンク

玉川徹出演のモーニングショーのコメントのまとめ

1月4日のパネルの題材は「緊急事態宣言めぐり国と都に溝」ですが、「報道対象者」のズレを感じますね。

 

マスコミはもっともっとTWなどで若者の行動変容を促し、コロナでご苦労している方々に迷惑をかけないことを先ずは第一に考える事を訴えて欲しいですね。

 

玉川さんにも他国との比較論も大事ですが、もっともっと視聴者に寄り添った言葉と政府への強いメッセージをお願いしましたと思います。

 

なぜならそれだけ影響力があるからです。

スポンサードリンク