スポンサードリンク
スポンサード
Pocket

玉川徹出演のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」4月火曜日の情報とその感想をお届けします。

 

4月最初の火曜日は、日本旅行業界が主体となり、ツアー前にPCR検査を行う旅行が実施されると紹介していました。

今後、日本旅行業界が主体となり、ツアー前にPCR検査を行う「新感染症対策モニターツアー」を12社が実施予定です。ツアーの参加条件として、検査の他に接触確認アプリの登録などを義務付けています。今回のツアーの実験結果は来月中旬には公表されるそうです。

とツイッターに告知がありました。

とその前に・・・

スポンサード

玉川徹出演のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」4月火曜日。

テレ朝の日曜日朝の番組に「サンデーLIVE!!」(日曜・午前5時50分)があります。

 

MCは東山紀之さん。

 

その番組スタッフ9名が、送別会を行い、その内6名が近くの飲食店に移動して、4人が新型コロナウイルスに感染したとの報道がありました。

 

司会の羽鳥慎一さんは政治家の会食を番組でも批判しています。であれば番組スタッフはちゃんとしていなければいけない。

 

玉川さんも「テレビ朝日の社員として、視聴者の皆さまに本当に申し訳なく思います。本当に情けなく、恥ずかしく思います」と頭を下げ陳謝していました。

 

とても悔しそうでした。

 

テレ朝ではちょうど1年前の昨年4月に「報道ステーション」でメインキャスターを務める富川悠太アナウンサーが、新型コロナに感染し、症状を自覚しながら番組に出続けたことに批判が集まっていました。

 

もちろん、羽鳥さんや玉川さんが謝罪するのは襟を正すということでよろしいことですが、これが現在、日本のサラリーマン社会で少数だと思いますが行われているのは事実でしょう。

 

コロナ禍の1年間、国のトップからお偉いさんは国民に対してお願いしかしていません。

 

玉川さんが主張していたPCR検査を広めて陽性者を適切に管理し社会を陰性者で回していけば感染はゼロにはならなくても確実に減少するのになぜできないのか?

 

これほど分かりやすい理論はないのになぜ、どうしてできないのか?未だに理解できません。

玉川徹出演の「モーニングショー」。コロナ禍における旅行業の取り組み。

そんな報道の中、「ふじみの救急病院」では、検査をした「陰性者同士」の旅行なら感染を広げないのではということで、1泊2日の旅行実証実験を行いました。

 

との紹介がありました。まさしくこの取り組みです。

 

参加者、添乗員、旅行先のホテル従業員合計212人にPCR・抗原検査を行い、全員の陰性を確認後、ツアーを実施。

ツアー中は感染対策も徹底しました。バスの乗車前には手の消毒を徹底。食事のテーブルは家族単位。料理はシェフが取り分け。マスク会食の徹底。もちろん、食事以外はマスク着用です。

 

ツアー後、希望者には再度PCR検査を行い、陰性を確認してもらうそうです。その後感染者は出ていないそうです。

 

今後、日本旅行業界が主体となり、ツアー前にPCR検査を行う「新感染症対策モニターツアー」を12社が実施予定です。

 

この旅行実証実験が成功すれば陰性者で経済を回していくことが立証されるわけで、大手外食会社も大手イベント会社も新たな施策を取り入れて実施してほしいですね。

 

もちろん国が東京都や大阪府の大都市が率先して行わなければいけません。

 

ふじみの救急病院の鹿野院長は、新たな生活には戦略的検査がカギになるとしています。

 

経済を犠牲にするような感染拡大防止策が続く中、何とか感染を広げずに旅行、飲食業界の助けになる施策を打ち出すのが行政の仕事です。

玉川徹出演の「モーニングショー」。菊間千乃さんコメンテーターとして初出演。

菊間千乃さんは(ゆきの=49)1990年代半ばごろ、黄金時代のフジテレビで活躍していた方です。

 

現在はフリーアナウンサーで弁護士です。

 

司法試験を受けていたのですね。美人で才女ですので火曜日のモーニングショーの売りになりますね。

 

羽鳥さんも玉川さんも興奮しているのが伝わってきました。

スポンサードリンク

玉川徹出演のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」のまとめ。

4月最初の火曜日のモーニングショーです。番組タイトルも音楽もそしてコメンテーターも新しくなりました。

 

新年度はやはりいいですね。寂しさもありますが、この1年頑張るぞという雰囲気がでています。

 

しかし、最初の火曜日は少しムードが暗かったですね。テレビは公です。電波は公共物です。

 

ですので、政治家や行政で働く者と同じ思いで仕事に励んで頂きたいですね。

 

1年以上自粛ムードが続いているのでとても辛いのですがやがて光は大きくなって私たち国民の前に見えてきます。

 

それまで頑張りましょう。

スポンサードリンク