fbpx
「ちむどんどん」第18週「しあわせのアンダンスー」が結婚披露宴で終了しました。。

朝ドラ「ちむどんどん」のあらすじとキャスト一覧。

2022年朝ドラ(ちむどんどん)
Pocket

2022年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)第106作目「ちむどんどん」のあらすじ(ネタバレ)と感想そしてキャストの紹介をお届けします。

ヒロインは黒島結菜が演じる比嘉暢子で、放送は4月11日からです。

舞台はヒロイン暢子が生まれ育った沖縄やんばる地域から始まり、成長後は上京。

東京銀座のイタリアンレストラン「アッラ・フォンターナ」と鶴見の「リトルオキナワ」にある居酒屋「あまゆ」に舞台は移ります。

朝ドラ「ちむどんどん」のあらすじ(ネタバレ)まとめ。

放送波:総合テレビ
放送開始日:2022年4月11日(第1週)~
放送時間:月曜~土曜:午前8時~8時15分/午後0時45分~1時(再放送)
放送波:BSプレミアム・BS4K
放送時間:月曜~金曜:午前7時30分~7時45分

2022年は、沖縄本土復帰50年。

沖縄は本土復帰以来、多くの沖縄の若者たちが、本土へと仕事や夢を追いかけて渡っていきました。

沖縄の家族と別れて、食べ慣れた郷土の料理を思いながらも仕事を求めて本土の沖縄人が多く住む場所に移り住みました。

そこがドラマで設定されている鶴見です。その鶴見のリトルオキナワで4人の若者が繰り広げる淡い恋の物語。

さて、さてどうなるでしょうか?

朝ドラ「ちむどんどん」を見逃したならU-NEXTのNHKオンデマンドです。

【31日間無料】。⇒U-NEXTでNHK朝ドラ(ちむどんどん)を31日間無料でイッキ見!

おすすめ
朝ドラ「ちむどんどん」”あらすじ”(ネタバレ)と感想のまとめ。
沖縄返還50周年がコンセプトですが、その語りのヒントは第1話にありました。しかし比嘉家の父・賢三は1話で他界。沖縄戦について語ることは14話まではありません。

朝ドラ「ちむどんどん」あらすじ。暢子の新婚物語(19週~

暢子と和彦の新婚生活が鶴見から始まります。

「ちむどんどん」19週「愛と旅立ちのモーウイ」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

朝ドラ「ちむどんどん」あらすじ。暢子の結婚物語(16週~18週)。

暢子と和彦の結婚物語が始まります。

注目
「ちむどんどん」第18週「しあわせのアンダンスー」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
和彦の母・重子は暢子と和彦の結婚を認めてくれました。そして二人はフォンターナで結婚式を挙げることに・・・
注目
「ちむどんどん」第17週「あのとき食べたラフテーの」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
フォンターナに危機が!
注目
「ちむどんどん」第16週「御三味(うさんみ)に愛をこめて」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
暢子の前に結婚を反対する女性が現れます。その女生とは?

朝ドラ「ちむどんどん」あらすじ。優子の遺骨収集(15週)。

15週は優子と賢三が遺骨収集なぜ行っていたのかを描いていました。

ウークイの日に比嘉家の母・優子は戦争の悲惨さを子供たちに話していました。

この話で沖縄を舞台にしたことが活かされたと思います。優子役の仲間由紀恵さんの演技に涙した方は多かったのではないでしょうか。

おすすめ
「ちむどんどん」第15週「ウークイの夜」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
優子が沖縄戦について語ります。この週は神週です。

朝ドラ「ちむどんどん」あらすじ。暢子の恋物語(12週~14週)。

暢子と和彦はどうなるの?

「ちむどんどん」第14週(東京編)「渚(なぎさ)の、魚てんぷら」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
「ちむどんどん」第13週(東京編)「黒砂糖のキッス」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
「ちむどんどん」第12週(東京編)「古酒(くーす)交差点」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

朝ドラ「ちむどんどん」あらすじ。暢子は料理人(6週~11週)。

「ちむどんどん」第11週(東京編)「ポークとたまごと男と女」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
「ちむどんどん」第10週(東京編)「あの日、イカスミジューシー」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
「ちむどんどん」第9週(東京編)「てびち!てびち!てびち!!」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
注目
「ちむどんどん」第8週(東京編)「再会のマルゲリータ」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
暢子はオーナー房子からまたまたクビ宣言。しかしある条件をクリアしたなら撤回するようです。その条件は新聞社のボーヤすなわち雑用係でした。そこで社会勉強をさせることが房子の目的だったようです。その新聞社である日偶然にも和彦と再会するのです。運命の出会いですかね。
注目
「ちむどんどん」第7週(東京編)「ソーミンチャンプルーVSペペロンチーノ」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
暢子は料理人として修業に勤めますが初めて試練にぶつかります。負けたらクビ!一方、沖縄やんばるの良子は金吾さんの結婚を断り、博夫との結婚を選びます。でもその行方は・・・。
注目
「ちむどんどん」第6週(東京編)「はじまりのゴーヤーチャンプルー」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
暢子が東京に来て、鶴見の「リトルオキナワ」で沖縄県人会会長沖縄2世の「平良三郎」と出会います。そして、その三郎さんが紹介してくれたイタリアレストランから料理人・暢子が誕生するのです。 一方、沖縄やんばるの良子は沖縄で大きな製糖工場の息子・喜納金吾が結婚を迫るのです。良子には好きな人がいましたが・・・。

朝ドラ「ちむどんどん」あらすじ。暢子の幼少から高校まで(1週~5週)。

注目
「ちむどんどん」沖縄編第5週「フーチャンプルーの涙」の”あらすじ”(ネタバレ)と感想。
1972年5月15日、沖縄の本土復帰、暢子は東京旅立ちます。
注目
「ちむどんどん」沖縄編第4週「青春ナポリタン」の”あらすじ”(ネタバレ)と感想。
北部産業まつりで暢子は起死回生のナポリタンを発案し見事一等賞を取りました。そして料理人になることを決意するのです。
注目
「ちむどんどん」沖縄編第3週「悩めるサーターアンダギー」の”あらすじ”(ネタバレ)と感想。
暢子は決まった就職先を断ります。その理由は・・・
注目
「ちむどんどん」沖縄編第2週「別れの沖縄そば」の”あらすじ”(ネタバレ)と感想。
東京にいる賢三の親戚から一通の手紙が、比嘉家の子供を引き取る話でした。和彦が東京に帰る時に一緒にバスに乗りますが、・・・そして高校3年生になった暢子は
注目
「ちむどんどん」沖縄編第1週「シークワーサーの少女」の”あらすじ”(ネタバレ)と感想。
物語の始まりは1964年。沖縄はまだアメリカの統治下でした。 東京から青柳親子が沖縄にやってきて子供の和彦は比嘉家の子供たちと友達になりました。 そんなある日、暢子の父・賢三はサトウキビ畑で倒れて帰らぬ人に。

朝ドラ「ちむどんどん」のキャスト一覧。

制作スタッフ。

作:羽原大介
語り:ジョン・カビラ
沖縄ことば指導:藤木勇人
フードコーディネート:吉岡秀治、吉岡知子
制作統括:小林大児、藤並英樹
プロデューサー:松田恭典
展開プロデューサー:川口俊介
演出:木村隆文、松園武大、中野亮平
おすすめ
朝ドラ「ちむどんどん」のキャスト一覧。

ちむどんどん「比嘉家」のキャスト。

おすすめ
黒島結菜が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるヒロインの比嘉暢子とは。恋の相手役は誰?
比嘉家の次女。 幼い頃から、おいしいものを食べること、作ることが大好きで明るくのんきな性格。 第3週「悩めるサーターアンダギー」で就職が決まっていた眞境名(まじきな)商事を断ります。 第4週「青春ナポリタン」で高校生活最後の日に東京行きを決めます。 第5週「フーチャンプルーの涙」で沖縄から旅立ちます。 第6週「はじまりのゴーヤーチャンプルー」で上京し、第7週「ソーミンチャンプルーVSペペロンチーノ…
注目
仲間由紀恵が朝ドラ「ちむどんどん」で演じる比嘉優子とは。
ヒロイン暢子の母。
注目
大森南朋が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャストは比嘉賢三とは。
ヒロイン暢子の父。 第1週で他界してしまいます。時々沖縄回想シーンで登場します。
注目
川口春奈が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャストは比嘉良子。(朝ドラ初出演)
比嘉家の長女。 第7週で教師仲間の石川博夫と結婚します。
注目
上白石萌歌が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャスト「比嘉歌子」とは?
比嘉家の三女。 歌子は「音楽と健康」 第3週で歌の才能を音楽教師の下地響子が評価します。
注目
竜星涼が朝ドラ「ちむどんどん」で演じる暢子の兄・キャスト比嘉賢秀とは?
比嘉家の長男。

ちむどんどん「暢子が沖縄で出会う」キャスト。

注目
戸次重幸が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャスト青柳史彦とは?
第2週「別れの沖縄そば」で沖縄から東京に戻ります。 第8週「再会のマルゲリータ」で息子の和彦がセリフ死で再会した暢子に話します。
注目
前田公輝が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャスト砂川 智とは?
第7週で暢子のいる鶴見にやってきます。
注目
宮沢氷魚が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャストの青柳和彦とは?
8週「再会のマルゲリータ」で暢子と偶然にも再開します。でもすでに恋人がいるようです。
注目
山田裕貴が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャストは石川博夫とは。
第7週で良子と結婚します。
注目
渡辺大知が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャスト喜納金吾とは?
第7週で大好きだった良子に求婚し家族の顔合わせまでしますが大どんでん返しでフラれてしまいます。とってもユニークでかわいい沖縄の製糖工場の息子で専務さんです。
注目
山路和弘が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャスト前田善一とは?
14週「渚(なぎさ)の、魚てんぷら」では暢子の母・優子さんとの再婚話が持ち上がります。
注目
片桐はいりが朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャストの下地響子とは?
第3週「悩めるサータ―アンダーギー」で登場。音楽の教師で歌子の才能を評価しています。
注目
高田夏帆が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャスト前田早苗(さなえ)とは?
暢子の親友で暢子が料理の道へと進むきっかけを作ってくれました。第6週で暢子と東京で会います。

ちむどんどん「暢子が東京で出会う」キャスト。

注目
原田美枝子が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャスト大城房子とは?
第6週から登場します。もしかしたら暢子の叔母さんか?
注目
高嶋政伸が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャストの二ツ橋光二とは?
第6週から登場します。暢子にも優しい料理長です。
注目
片岡鶴太郎が朝ドラ「ちむどんどん」で演じるキャストの平良三郎とは?
第6週から登場します。沖縄県人会の会長でとても良い人です。暢子や智、そして和彦までのお世話をします。
注目
井之脇海が朝ドラ「ちむどんどん」で演じる「矢作知洋」と暢子の関係は?
第7週から本格的に登場します。暢子が働いているレストランの先輩です。
注目
山中崇が朝ドラ「ちむどんどん」で演じる田良島甚内とは?
第8週で暢子に会う新聞社の記者でデスクです。

まとめ。

2022年は沖縄返還50周年ということで、沖縄がメイン舞台でヒロイン暢子が成長する過程で沖縄返還の人間模様を期待していました。

しかし、成長後の暢子は東京銀座のイタリアレストランで働き、日常生活は鶴見のリトルオキナワが舞台です。

そこで仲間ができて友情から愛情へと変化するまでが第14週「渚(なぎさ)の、魚てんぷらまででした。

15週以降で「沖縄返還50周年」というコンセプトを描いてくれるのか?そのような展開になることを期待したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました