Pocket

チコちゃんチコちゃん

なんで2月は28日しかないの?(2020年は29日まであるけどね。今年はうるう年です

さて、あっという間に、2月も終わりに近づいています。それもそのはず、2月は、1年で最もひと月の日数が少ない月だからです。でもその理由をはっきり答えられますか?

チコちゃんに叱られる、過去の質問。なぜ2月28日なの?

スポンサードリンク

チコちゃんに叱られる、過去の問題。どうやって2月は生まれたの?

詳しく教えてくれるのは、古代西洋史に詳しい東京大学・本村凌二名誉教授です。今回は、少々複雑な「2月の謎」について教授が教えてくれます。

 

私たちが使っている暦のもとになったのは、約2800年前に建国された古代ローマで使われていた「ロムルス暦」です。

 

大昔の暦は、農作業のスケジュールを立てるためのものなので、冬はお休みでした。つまり、今の1月と2月にあたる月は暦上には存在していませんでした。

 

1年は春の種まきで始まり収穫を終えて何もしない冬の間の2ヶ月は数えず、1年は“10ヶ月”としていたのです。

 

しかしこれでは、いつが1年の始まりなのか?いまひとつはっきりしないという難点が生れてしまいます。

 

そこで、2代目のローマ国王ヌマが、冬の空白期間に11番目の月、12番目の月を加え“1年を12ヶ月”とする「ヌマ暦」を作ります。

 

こうして初めて「2月」が誕生したのです。

過去の問題。2月だけがなぜ28日なった?

なぜ2月だけが28日になった?

ヌマ暦では“1年は355日”と定め、月の満ち欠けにかかる約30日を“1ヶ月”として12の月に振り分けることにしました。

 

ところが、古代ローマでは、偶数は不幸を呼ぶとされていたことから、偶数をさけ、1ヶ月は31日か29日にしたのです。

 

その結果、余った28日が、この時はまだ1年で最期の月だった2月にしかたなく割り当てられたのです。

過去の問題。いつ2月は2番目の月に?

当時のローマは、国を大きくするため、近隣諸国との戦争に明け暮れていました。しかし、ローマ人に限らず古代の人々は、冬の間は働くこともなければ、戦もしません。

 

寒い季節は全く活動しないのが慣例で、戦争を始めるのも春、新年をまってと決まっていたのです。

 

そこで、時のローマ政府は、敵国が休んでいる時期、つまり冬に戦争を始めれば、有利に戦うことができると考えました。

 

そして、1年の始まりを、それまで11番目の月だった「1月」に変更し、1月から戦争を始めることにしたのでした。

 

これに伴い、1年の最後の月だった2月は、自動的に2番目に繰り上がりました。

過去の問題。2月はなぜ28日のまま?

“1年を355日”としていると、やがて暦と実際の季節がズレてきます。

 

そこで、ローマでは22日を1ヶ月とする「うるう月」を2年に1回足して帳尻を合わせていたのですが、度重なる戦争に気を取られ、何度も入れ忘れてしまいます。

 

結果、紀元前46年のローマでは、暦と実際の季節に90日ものずれが生じてしまいました。

 

そこで、皇帝ユリウス・カエサルは、このズレを解消するため、1ヶ月が29日の月に日を足し“1年を365日”とする「ユリウス暦」を作ったのです。

チコちゃんに叱られる、過去の問題。2月はなぜ28日のまとめ

しかし、カエサルは、28日しかない2月はには、日を足しませんでした。それはローマ人が慣れ親しんできた、ある“呼び名”を変えないためでした。

 

それは、カエサルが守った呼び名でした。

 

2月23日は、守護神テルミヌスの功績をたたえる、ローマ人にとって大切なお祭りの日です。(テルミナリアの日)

 

そして、当時のローマ人は、月の後半については、“次の月の1日からさかのぼって〇日”という数え方をしていました。

 

つまり、2月23日の呼び名は「3月1日からさかのぼって7番目の日」ですから、もし2月に日を足してしまったなら、慣れ親しんだこの呼び名を変えなくてはならなかったのです。

 

それはローマ人にとって混乱してしまうから、2月には日を足さなかったのです。そうなんです。現在の暦の元を作ったのは「ブルータスおまえもか?」の人だったのです。