ネットビジネスは怪しい?、病気はストレスから、トラブル解消は【ダイエットと睡眠】

糖尿病治療で聞くインスリンってなに?

Pocket

多くの方を悩ませている糖尿病ですが、この病気にはインスリンの存在が欠か
せません。

 

糖尿病を治療する為には、インスリンとはどんなものか特徴を理解することが
大切ですね。

 

そこで、インスリンの特徴と糖尿病との関係について紹介いたします。

 

糖尿病で良く聞くインスリンとはどんなもの?


インスリンはホルモンの一種です。すい臓から分泌され、血糖値を下げる大切
な働きを行います。

 

私たちの体は、食事をすると食べ物に含まれる糖質が体内で分解され、ブドウ
糖として吸収されます。

 

すると血液中の糖の値が高くなります。血糖値が上がるとインスリンを分泌し
て下げる役目を行う仕組みになっているのです。

 

インスリンの分泌は臓器が血糖を取り込み、エネルギーとして変換するサポー
トや、細胞の増殖を促す働きをするため、体の働きには欠かせない存在です。

 

食後は血糖値が上がり、インスリンが多く分泌されています。この一連の働
きは健康な人の場合です。

 

インスリンの分泌がコントロールできない病気が糖尿病と呼ばれるものです。

糖尿病患者のインスリンの働きとは?


インスリンはそもそもすい臓で分泌されるものです。しかし食事で糖質を過
剰摂取するなど、血糖値が高い状態が続いてしまうと、すい臓はインスリン
を作る為に負担がかかってしまいます。

 

そのような状態が継続すると、インスリンの分泌が減少して最悪はインスリ
ンがなくなってしまうこともあります。

 

糖尿病は様々な原因がありますが、食生活はとても影響を与える要因の一つ
です。

 

糖尿病と診断された段階で、健康な人と比べるとインスリンの分泌の機能は、
健康な人の半分程度まで低下しているという研究報告があります。

 

このように糖尿病は知らない間に徐々に体に負担を与え、気が付いた段階で
インスリン治療が必要になる方も少なくありません。


スポンサーリンク



糖尿病のインスリン治療はタイミングが大切


糖尿病は早期発見できれば、生活指導により改善することが可能です。しかし
長期間放置して症状が進行してしまった場合にはインスリン治療が必要になり
ます。

 

インスリン治療は早く始めたほうが、すい臓のダメージが回復しやすいといわ
れています。

 

すい臓の機能が残っている段階でインスリン治療を開始するタイミングが、糖
尿病治療にとても大切です。

 

インスリンを体に外部から与えると、すい臓の負担が減り結果的にすい臓が正
常に機能するように改善されます。

 

インスリンは注射が最も一般的な治療方法です。患者さんによって注射の回数
や量は異なりますので、早期に始めたほうが1日1回の注射で済む可能性もあり
ます。

糖尿病のインスリン治療は一生続くの?


糖尿病は発症すると、改善するまでに大変時間がかかります。インスリン治療
の目的は、すい臓の機能を回復することです。

 

そのため糖尿病の治療として続けることが大切ですが、すい臓の機能が十分に
回復した場合は注射の回数や量を減らし、飲み薬だけにすることも可能です。

 

現在の糖尿病の治療では、多くの患者さんがインスリン治療は最後の手段とし
て、理解されている方がとても多いのですが、早くインスリン治療を始めると
メリットになることが色々あります。

 

もちろん途中で治療を止めることも可能なので、もし糖尿病と診断され場合は、
自分にどのような治療法があっているか、医師とよく相談してみましょう。

糖尿病とインスリンの関係のまとめ


糖尿病を改善するためには、インスリンの大切な役割を理解することが必要で
すね。

 

人間の体には血糖値をさげるホルモンはインスリンしか存在しません。正常に
機能させるためには、日頃の食生活や生活習慣などに注意をして、健康生活を
維持しましょう。

 

また糖尿病は早期発見、早期治療が可能です。自覚症状が少ない初期の段階が
発見のチャンスです。

 

定期的な健康診断を受けることが、一番効果的な発見方法になりますので、健
康管理は油断せずできる限り意識したいですね。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】メルマガ登録はこちら↓

ネットビジネスの注意点、稼ぎ方のポイントを掲載
*メールアドレス

満範@公式に登録

↓↓あなたのLINEでかざして下さい。 友だち追加
スポンサーリンク

満範@公式に登録。

友だち追加