ネットビジネスは怪しい?、病気はストレスから、トラブル解消は【ダイエットと睡眠】

糖尿病、現在も治療中。気を付けててもだめ?糖尿病と遺伝の関係について。

Pocket

糖尿病は生活習慣病のひとつで食生活や不規則な生活など、日頃の積み重ねが
病気を招く原因といわれています。

 

しかし一部では糖尿病は遺伝するという考えもありますので、自分が一生懸命
予防をしても無理なのでは?と不安を抱く方もいるようです。

 

そこで、糖尿病は果たして遺伝する病気なのでしょうか?。気になりますね。

糖尿病になる原因について

 

糖尿病という名前はよく聞きますよね。合併症が深刻で命を落とす可能性も
ある恐ろしい病気です。

 

初期は自覚症状もないため、知らないうちに病気が進行する場合もあります。

 

糖尿病は遺伝するといわれていますが、そもそもこの病気になる原因は、何
かしらの理由によりホルモンの一種であるインスリンが分泌できないⅠ型糖
尿病と、食生活などの生活習慣が原因するⅡ型糖尿病があります。

 

糖尿病は血糖値のコントロールができないため、インスリンの投与など治療
が必要になる場合がありますが、Ⅱ型糖尿病の場合は、早期発見すれば生活
習慣の改善で病気がよくなる可能性があります。

 

Ⅰ型とⅡ型は原因が異なりますが、どちらも大変深刻な病気なのです。

糖尿病の遺伝確率について

 

糖尿病はⅠ型、Ⅱ型ともに共通するのは発病する遺伝子を持っている点です。
糖尿病が遺伝するのではなく、発症しやすい体質を受け継いでしまうという
ことなのです。

 

親が祖父母が糖尿病であった場合は、発病する遺伝子を持ってしまう可能性
はとても高くなりますが、それで必ず発症するワケではないのです。

 

例えは、同じ遺伝子を持つ一卵性双生児の一人がⅠ型糖尿病になった場合です。
もう一人が糖尿病になる確率は40%~50%で、完全に発症することはありませ
ん。

 

家族に糖尿病がいても生活習慣が引き金となる為、遺伝子がある人は十分に注
意をして生活することが大切ですね。

 

Ⅱ型の場合は食生活が原因のひとつなので、同じ食生活をする家族も糖尿病に
なる確率は高くなります。


スポンサーリック



Ⅰ型と遺伝の関係

 

Ⅰ型糖尿病は原因がはっきりとわからない点も多く、民族の特性なども影響す
ると考えられています。

 

人種別にみると、白人が糖尿病の発症率が高く、南国よりも北国に住んでいる
人のほうがⅠ型の発症が多いともいわれています。

 

Ⅰ型糖尿病は親から発症する遺伝子を引き継いでいる為、ちょっとした病気が
引き金となり糖尿病を発症する場合もあります。

 

しかしⅠ型は全てが遺伝ではなく、親がⅠ型で遺伝子を引き継いでも発症しな
い人もいます。

 

外部からのウイルスなどにより自分の体を攻撃する「自己抗体」。Ⅰ型の方は
長年自己抗体を持ち、インスリンを分泌する細胞を破壊してしまうことも発見
されています。

Ⅱ型と遺伝の関係について

 

Ⅱ型糖尿病も遺伝性がとても強いのですが、同時に生活習慣がさらに発症のリ
スクを高めてしまいます。

 

50年前ほどは糖尿病のⅡ型はとても珍しい病気で、患者の数も今よりもとても
少ない時代がありました。

 

しかし近年、食生活の乱れやライフスタイルの変化により、Ⅱ型糖尿病は誰に
でも発症する可能性が出ています。

 

以前は糖尿病は大人がなる成人病と考えられていたのですが、最近では若年層
の患者も増え、小さな子供もⅡ型糖尿病になるケースがとても増えています。

 

糖尿病は遺伝との関係は決し忘れることはできません。

 

しかし現代のような生活は、遺伝子を持っていても生活習慣の改善により、発
症を食い止めることが可能なのです。

糖尿病と遺伝の関係まとめ

 

糖尿病は発症しやす体質が遺伝する病気です。

 

もし家族で糖尿病の方がいる場合は、発症するリスクがあることを理解して、
普段の生活で色々と注意をしないといけませんね。

 

定期的な健康診断、そして栄養バランスが整った健康的な食生活とライフス
タイルを心がけましょう。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】メルマガ登録はこちら↓

ネットビジネスの注意点、稼ぎ方のポイントを掲載
*メールアドレス

満範@公式に登録

↓↓あなたのLINEでかざして下さい。 友だち追加
スポンサーリンク

満範@公式に登録。

友だち追加