ネットビジネスは怪しい?、病気はストレスから、トラブル解消は【ダイエットと睡眠】

糖尿病、現在も治療中。「飲酒と喫煙」の関係、そして注意したい炭水化物ダイエット。

Pocket

知っておきたい糖尿病の「飲酒と喫煙」の関係、そして、糖病尿で注意したい
炭水化物ダイエットについて紹介します。

 

飲酒や喫煙は、健康を害するものということは皆さんご存じですよね。糖尿病
の方はさらに病気に与えるダメージも多い為、できるだけ避けたいことの一つ
です。

 

糖尿病になると生活の中で色々と制限されるものがありますが、喫煙と飲酒に
関してはとくに注意して下さい。

 

それと最近、炭水化物の摂取量を減らす「炭水化物ダイエット」が大変ブーム
になっていますよね。

 

ご飯やパンなどの主食は糖質が多く、食べ過ぎは肥満の原因になります。糖尿
病の方は肥満体質も多く、病気改善のためダイエットが欠かせません。

 

しかし糖尿病の方が食事制限をすると、色々なリスクがある場合もありますの
で、炭水化物ダイエットの注意点についても理解しておきましょう。

糖尿病「飲酒と喫煙の健康被害」について

お酒とたばこ
近年10代の喫煙や飲酒も大変深刻になっていますが、そもそも嗜好品は体に与
える害があることは知っていても、具体的な点について知らない方も多いです
よね。

 

喫煙も飲酒も依存性がある為、なかなか辞めたくてもやめられない点が特徴で
す。

 

まず喫煙ですが、たばこには発がん性物質のニコチンが含まれていますので、
長期間喫煙習慣があると、肺がんや喉頭がんのリスクが高くなります。

 

またニコチンは血管を収縮させる働きがある為、血圧が上がる原因です。飲酒
はアルコール成分により、肝機能が低下します。

 

さらに喫煙と同様に血圧が高くなる要因となります。健康な人にこれだけのリ
スクがありますので、糖尿などの持病を抱えた方にはさらに被害も多くなりま
すね。

糖尿病に与える害について

タバコ
糖尿病になると高血圧を併発することが多く、飲酒や喫煙は病気を進行させる
原因になります。

 

糖尿病患者の喫煙は動脈硬化のリスクを高め、習慣的に喫煙を続けてしまうと、
糖尿病ですでに傷ついた血管が詰まってしまう原因になります。

 

飲酒も同様に糖尿病には害を与えるものです。お酒類は意外とカロリーが高い
のですが、気が付かずに飲み会で大量に飲んでしまうこともありますよね。

 

糖尿病患者の場合薬を服用をしていると、アルコールの働きにより低血糖を招
くこともあるのです。

 

糖尿病の方は健康な人よりも、さらに真剣に禁酒や禁煙を考えることが必要で
すね。

 

たばこを辞めたいときは担当医に相談して、禁煙外来などに行くのも良いでし
ょう。

糖尿病のストレス解消方法

ウオーキング
糖尿病は食事制限など、生活のなかで色々な注意点がありますので、ストレス
も感じやすくなっていますよね。

 

喫煙や飲酒はストレス解消の効果がありますので、ここで禁煙や禁酒をするこ
とは、さらに患者さんにとってはストレスになることです。

 

しかしいつまでもタバコやお酒を続けるワケにはいきませんよね。そこで糖尿
病の方はストレス解消と病気改善のために、エクササイズをしましょう。

 

有酸素運動は血行改善にメリットになりますし、発汗作用が高まり体内の老廃
物が出やすくなります。

 

また体を動かすことで気分転換になりますので、飲酒や喫煙の習慣も徐々に改
善しやすくなりますよ。

 

ストレスは自律神経を不安定にします。血圧も不安定になる為、糖尿病にはス
トレス解消も欠かせません。

糖尿病「お酒を飲んでも良い状態」とは?

お酒
禁煙ブームがあり、最近では飲食店なども禁煙の場所が増えていますよね。し
かし飲酒は仕事の付き合いなどもありますので、糖尿病の方でも完全に辞める
のは難しい場合もあります。

 

お酒はできるだけ飲まないほうが安心です。しかしどうしてもという場合のた
めに、飲んでも良い糖尿病の条件を見ていきましょう。

 

糖尿病にも色々な段階がありますが、食事だけで血糖値のコントロールができ
る場合や、合併症がない方、また標準体重を維持している場合。またインスリ
ン療法や薬の服用をしていない方も、適量の飲酒は大丈夫といわれています。

 

大切なのは飲酒量を自分でしっかりコントロールすることです。習慣的に飲む
ようになると、糖尿病はさらに進んでしまいます。


スポンサーリンク



糖尿病の「炭水化物ダイエットとは」とは?

おにぎり
炭水化物ダイエットは血糖値のコントロールとカロリー制限をする目的があり
ます。

 

ダイエット方法は最初の2週間で炭水化物を20g以下に減らしていきます。ご飯
の量にすると一日で小さいおにぎりが1個分程度です。

 

炭水化物が減ると、体は脂質を使ってエネルギー源となりますので、ダイエット
効果がある仕組みになっています。

 

もともとはこの炭水化物ダイエットはアメリカのロバートアトキンス博士が考案
した方法で、糖尿病にも効果があると話題になっています。

 

糖尿病は炭水化物を食べ過ぎると高血糖の原因になりますので、ご飯や麺類、パ
ンなどの主食を減らすことで、血糖値が安定しやすいと考えられています。

糖尿病へのメリットは

膵臓 (2)
炭水化物を摂取した後、100%が2時間以内でブドウ糖に変換され血液の中に取
り込まれていきます。

 

すると一時的に血糖値が急上昇する特徴があります。健康な場合は血糖値が上昇
がすると、インスリンがすい臓から分泌され、余分なブドウ糖は細胞へ運ばれて
血糖値を安定させています。

 

炭水化物を減らすと、糖尿病の方には血糖値の急上昇を予防できるメリットがあ
りますよね。

 

さらにカロリー計算など面倒な食事制限ダイエットと異なり、炭水化物ダイエッ
トは量を減らすだけなので、とても簡単にできる点もメリットです。

 

炭水化物ダイエットは、ご飯などの炭水化物を減らせば、他の好きなものは食べ
ても大丈夫ということが基本です。空腹時のストレス軽減にもなります。

糖尿病へのデメリットは。

悪玉菌
炭水化物ダイエットは食事制限をする目的がありますので、糖尿病の方にはリ
スクになる場合もあります。

 

健康な方が行う場合とは違った状況がありますので、始める前にデメリットに
ついても理解しておきましょう。

 

炭水化物を減らすと体重が減りますが、同時に筋肉量も減少します。すると運
動量が少なくなり疲労感が増えます。

 

また炭水化物を減らすと、脂質やたんぱく質の摂取量が増えますので、脂肪の
分解のため肝臓に負担がかかってしまいます。

 

さらに悪玉と善玉のコレステロールのバランスが崩れ、脂質異常症のリスクが
高まるなど、糖尿病以外の疾患になる可能性も高くなります。

 

たんぱく質を摂取しすぎると腎機能障害のリスクも上がりますので、新たな疾
患にも注意が必要です。

糖尿病の方「極端な食事制限」はしないこと

ダイエット
糖尿病のダイエット方法は、食事を極端に減らすのは注意が必要です。炭水化
物を減らせば食後の高血糖は免れますが、体に必要な栄養不足になる可能性も
あります。

 

栄養の偏りを防ぎ、健康的なダイエットを始めましょう。運動をしてカロリー
を燃焼することです。

 

また間食を減らすなど、ちょっとした心がけでも十分にダイエット効果があり
ますよ。

 

糖尿病の方が炭水化物ダイエットをする場合は、必ず担当医と相談してから行
いましょう。

 

それぞれのライフスタイルによっても適切なダイエット方法は異なります。病
気を進行させないためにも、バランスのよい食生活を維持することが大切です。

 

短期間でできるようなダイエットはまず控えたいですね。

糖尿病「飲酒と喫煙」の関係、そして注意したい炭水化物ダイエットのまとめ

まとめ
飲酒や喫煙が体に及ぼす害はとても深刻です。糖尿病患者さんの中には、長年
このような習慣を続けている方も多いですよね。

 

糖尿病は深刻な合併症がとても怖い病気です。飲酒と喫煙によるダメージを理
解して、生活習慣の見直しに役立ててくださいね。

 

ダイエットは食事制限や運動など色々な方法があります。糖尿病になると生活
改善が必要になり、病院から色々な指導がされることでしょう。

 

気になる場合はまず病院で相談をしてください。食事制限だけに頼るよりも、
運動するなどあらゆる角度からダイエットに取りくむことが効果的ですよ。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】メルマガ登録はこちら↓

ネットビジネスの注意点、稼ぎ方のポイントを掲載
*メールアドレス

満範@公式に登録

↓↓あなたのLINEでかざして下さい。 友だち追加
スポンサーリンク

満範@公式に登録。

友だち追加