ネットビジネスは怪しい?、病気はストレスから、トラブル解消は【ダイエットと睡眠】

睡眠障害を改善するポイントと食について《不眠で悩む方必見!》

Pocket

睡眠障害を解消するための健康的な睡眠をとるための4つのポイントとは。

健康を維持するには毎日質のよい睡眠が重要です。しかしストレスの多い生活
を送る方や生活が不規則な方は十分な睡眠がとれない時も多いですね。

そこで、今日から早速始めたい健康的な睡眠をとる4つのポイントと睡眠障害
解消の食についてご紹介します。

 

睡眠障害解消4つのポイントその1《定期的な運動を行う》

%e6%9c%89%e9%85%b8%e7%b4%a0%e9%81%8b%e5%8b%95
運動不足は健康に悪影響になることの一つ。忙しい生活を送っていると、なか
なか体を動かす機会が少なくなってしまいますよね。

安眠できない場合は運動をして適度な疲労を体に与えるのも方法の一つです。

運動不足になると体内の血行の循環が悪くなり、睡眠時の体温調整が不安定に
なってしまいます。

またホルモンや自立神経の働きにも影響するため、なるべく少しの時間でも毎
日体を動かす習慣をつけましょう。

仕事で帰りが遅くなる場合は、入浴後のストレッチだけも効果的です。車や自
転車に乗る機会が多い方はウォーキングをして有酸素運動をするのも不眠解消
にとても効果があります。

運動不足は肥満の原因にもなりますので、いびきをかきやすくなる要因の一つ。
ぐっすり寝るには体内の巡りを活発にするために運動不足を解消しましょう。

睡眠障害解消4つのポイントその2《寝る直前に避けたいこと》

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b
毎日の習慣は気が付かないと睡眠障害になる原因だらけです。特に寝る前は脳
を休ませてリラックスすることが快眠への第一歩です。

しかしベッドに入ったままテレビをつけっぱなしで寝てしまったり、眠くなる
までスマホの明るい画面を見るのは脳の刺激になっています。

すっと眠気が襲ってもすぐに目が覚めてしまう原因になりますので、寝る直前
のテレビやスマホなど脳の刺激になるものは避けましょう。

また入浴時間も寝る直前は避けて2時間前ほどがおすすめ。体温が高いままでは
なかなか眠りにつくことができません。

寝る直前はリラックスして静かな寝室作りを心がけましょう。電気も早めに暗く
して読書などでのんびりと過ごすことがおすすめです。

 

睡眠障害解消4つのポイントその3《食事時間に注意》

%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e6%99%82%e9%96%93
仕事で遅くなった時。夕食を食べる時間も必然的に深夜になってしまうことも
ありますよね。

しかし睡眠と胃腸の働きにはとても重要な関係があり、遅い食事時間は睡眠を
妨げる原因になってしまいます。

食べたものを胃腸で消化分解されるには約3時間ほどかかるといわれています。

寝る直前の食事や深夜の食事の直後は胃腸が活発に活動しているため、質の良
い睡眠を妨害する原因になります。

遅くても寝る3時間前には食事を済ませましょう。飲み会などで遅く帰ってき
たときなどは要注意です。

そのまま寝てしまうと睡眠中の胃腸活動に影響するため、脂質や糖質の分解が
しっかり行われず、そのまま体内に吸収されてしまう特徴があります。

メタボや肥満の原因にもなりますので、深夜の飲食は健康のためになるべく避
けましょう。

睡眠障害解消4つのポイントその4《寝る前の習慣を作る》

%e5%af%9d%e3%82%8b%e5%89%8d%e3%81%ae%e9%9f%b3%e6%a5%bd
私たちの体は知らない間に睡眠のパターンを覚えています。寝る前に特定の行
動を繰り返し行うと、脳では眠気を誘発するホルモンの分泌が活発になるため、
不眠予防にも効果的です。

例えば寝る前にヒーリング音楽を聴いてリラックスする、ハーブティーを飲む、
読書をするなど睡眠に向けた準備行動を脳が察知できるように習慣を作りまし
ょう。

生活規則のリズムは毎日安定させることが健康への第一歩。特に早寝早起きは
元気な生活に欠かせません。

快眠をする為にも、毎日同じ時間に寝る準備をすることで自然と眠りに落ちる
本来の体の機能が活躍するのです。

仕事で忙しい時やストレスが多い場合は、快眠ができるようにリラックスでき
る環境を整えて、質のよい睡眠で疲労回復をしましょう。


スポンサーリンク



睡眠障害を改善する食べ物について《ストレスで眠れない人必見!》

栄養バランスのとれた食生活は健康を維持するために欠かせません。食べ物の
それぞれの栄養素には体にメリットになりますが、不眠症の方にはぜひおすす
めしたい食べ物があります。早速快眠効果のある食べ物をご紹介します。

快眠効果の高いナッツ

%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%84
ナッツ類はビタミンEを多く配合し、体内の活性酸素を排除する効果があるた
め、体の細胞の老化を防ぐ抗酸化作用が高いことで有名ですよね。

またナッツ類には快眠に欠かせないホルモンのセロトニンを作るために必要な
トリプトファンが多く含まれているため、不眠症の解消には効果的な食べ物な
のです。

飲み会で食べるおつまみのナッツ類は不眠にも効き目があるのです。効果的な
食べ方は就寝の2時間前です。

ナッツ類は脂質が多い為胃腸での消化に時間がかかりますので、なるべく早め
に食べましょう。

アーモンドやくるみなど善玉コレステロールも豊富な為、肥満予防にも効果的
です。

毎日10粒程度のナッツ類は元気に過ごすために必要な食べ物です。

体が疲れているのになかなか眠れないというときはナッツ類を習慣的に食べま
しょう。

快眠効果の高いバナナ

%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a
バナナは食物繊維が大変多く胃腸活動を活発にする健康食の一つです。またバ
ナナはエネルギーの燃焼がゆっくりなため、長時間運動をする場合もおすすめ
の食べ物です。

バナナにはマグネシウムやカリウムが豊富に含まれていますが、これらの成分
睡眠障害を改善するために欠かせない栄養素です。

睡眠を誘発するトリプトファンも多く含まれているため、不眠でお悩みの方
はバナナがおすすめです。

寝る1時間前ほどにバナナを1本食べましょう。

バナナには果糖が多い為、食べ過ぎると肥満の可能性もありますので、1日に
3本程度がおすすめです。

最近ではダイエットとしても人気がありますので、肥満体型でいびきをかく人
は、習慣的にバナナを食べて食事制限をするのもよい方法ですね。

 

快眠効果の高い乳製品

%e4%b9%b3%e8%a3%bd%e5%93%81
乳製品にはエネルギー源となる動物性たんぱく質が多く含まれていますが、
睡眠に欠かせないトリプトファンも多く含まれています。

チーズや牛乳、ヨーグルトなどの乳製品は日本人の摂取量は欧米人と比較する
と少ないといわれています。

カルシウム不足にもなりますので、乳製品を多くとるように心がけましょう。

しかし牛乳やチーズなどは脂質も多い為、なるべく低脂肪の牛乳やヨーグルト
がおすすめです。

乳製品のカルシウムには神経の興奮を抑える働きもありますので、イライラ
しているときやストレスを抱えている時の快眠にもとても効果があります。

乳製品には脂質が多い為、食べるのは寝る直前よりも夕食時がおすすめ。脂っ
ぽい食べ物は消化に時間がかかりますので、遅い時間に食べると睡眠を妨げる
原因にもなってしまいます。

 

不眠になる飲み物について

%e7%8f%88%e7%90%b2
食べ物のなかには快眠にメリットになるトリプトファンを含む食べ物が色々あ
ります。

同時に注意したいのが、睡眠にデメリットになる飲み物です。

眠れなくなる飲み物としてまず思いつくのがコーヒー類のカフェインです。

カフェインは神経を興奮させる効果があるため、飲むならなるべく早めの時間
がおすすめです。

カフェインが分解されるまでに約6時間ほど時間がかかるといわれていますので、
夕食や寝る前では眠れなくなる原因です。

また消化に時間がかかる食べ物も夕食には不向きです。

肉類や揚げ物などは消化に4時間ほどかかるといわれています。食べるときは
昼食にするか、もしくは食べ過ぎに注意しましょう。

また飲み会のあった日は眠れないことがありますよね。アルコール、揚げ物の
おつまみ、遅い時間の飲食など睡眠を妨げる原因がたくさんありますよ。

 

睡眠障害を改善するポイントと食のまとめ

%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81
朝すっきりと目が覚めるととても気分がいいですよね。

元気をいっぱいチャージして新しい一日の始まりになります。

そのためには日頃から快眠できるような心がけが大切です。早速今日から生活
習慣の見直しをして、ぐっすり寝る習慣を作りましょう。
それと、ストレスで眠れない方はまず食生活で快眠対策をはじめてみましょう。

健康のためにはバランスの取れた食生活が必要です。元気な体は質の良い睡眠を
とるために大切ですよ。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】メルマガ登録はこちら↓

ネットビジネスの注意点、稼ぎ方のポイントを掲載
*メールアドレス

満範@公式に登録

↓↓あなたのLINEでかざして下さい。 友だち追加
スポンサーリンク

満範@公式に登録。

友だち追加