ネットビジネスは怪しい?、病気はストレスから、トラブル解消は【ダイエットと睡眠】

睡眠障害は健康への危険信号「眠れない人は睡眠のメカニズムを知ろう」

Pocket

知っておきたい睡眠のメカニズム。

私たちの体は夜になると自然と眠くなり、朝になると目が覚めるという睡眠の
パターンを繰り返しています。

睡眠と健康にはとても密接な関係がありますが、なぜ人間の体は眠るように作
られているのか、睡眠のメカニズムについてご紹介しましょう。

睡眠障害と思う方、睡眠で悩んでいる方には少しお役にたつと思い
ます。

睡眠障害と思ったなら「眠る理由」を考えてみよう。

2cxcub2648krpgr1478155535_1478155666

人間や動物はなぜ眠るのでしょうか。当たり前の行動ですが、そのメカニズム
はとても複雑で睡眠は健康をつかさどる重要なものです。
 
眠る理由は一日の体と脳の疲労を回復するためです。日中に私たちの体と脳は
色々な動きをしていますが、その際にホルモンが大量に使われています。
 
ホルモンの分解産物が疲労物質、別名睡眠物質となり睡眠中枢に働き夜になる
と自然と眠気を感じるようになっています。
 
特に睡眠中に大切なのが脳のオーバーヒートを防ぐ機能です。一日中色々なも
のを見たり考えたりする脳は温度が高くなるため、睡眠中にオーバーヒートを
防ぐため睡眠によって休ませる必要があるのです。
 
もともと人間の体には眠くなる機能が備わっていますが、不眠症や睡眠
障害
になるとホルモンの分泌や神経の働きが不安定になり眠れないという症
状が起こります。

睡眠障害の知識。《レム睡眠を知ろう》

mdpql0gmoliqp9x1478306078_1478306181
レム睡眠という言葉を聞いたことがありますよね。人は寝ている間はレム睡眠
ノンレム睡眠を繰り返し行っています。

レム睡眠とは眠ていても眼球が動き脳が浅い眠りの状態です。急速眼球8運動
を行っている眠りとも呼ばれています。
 
レム睡眠の間は筋肉の疲労回復を行っている時間です。とても目を覚ましやす
い時間なので、トレイに行くタイミングもレム睡眠が多いですね。
 
脳がまだ活動している状態のため、この時に目を覚ますとすっきりと起きられ
るという特徴があります。
 
また夢を見るのもレム睡眠時です。

一般的にはレム睡眠が持続するのは10分から20分程度といわれています。
睡眠リズムはレム睡眠ノンレム睡眠を一晩中交互に繰り返しているのです。

睡眠障害の知識《ノンレム睡眠を知ろう》

xyj1rpbkonu9usc1478306915_1478306984
レム睡眠に対して体も脳も深い眠りに落ちている状態がノンレム睡眠です。

脳が休んでいる間も体の筋肉は働いています。
 
ノンレム睡眠は心理的な悩み事やストレスを回復するためにとても重要な時間
です。
 
この間に成長ホルモンなどの分泌を行っていますので、女性に摂っては美肌効
果も高くなる時間です。
 
日中に思わずうとうとして居眠りをしてしまうのはほとんどの場合がノンレム
睡眠といわれています。
 
わずかな時間でも昼寝をするとすっきりした気分になりますよね。ノンレム睡
眠中は血圧もさがり、心拍数も安定します。
 
そして健康ための免疫力を高めるのもノンレム睡眠中です。
 
レム睡眠とノンレム睡眠にはそれぞれの役目がありますが、睡眠が健康をつか
さどることには間違いありませんね。

睡眠障害の知識《健康に最適な睡眠時間は》

ix1yjhou3cy_4id1478307931_1478308218
睡眠時間は私たちの人生の中でも約1/3を占めるといわれることがあります。
一日の計算でいうと24時間の間、8時間は寝ている計算になりますよね。

 

しかしそれぞれの異なる生活習慣は睡眠時間も個人差があって当たり前です。

 

健康的な睡眠時間は7時間前後といわれていますが、質の良い睡眠とは時間の
長さでなく質の高さが大切です。

 

また年齢によっても必要な睡眠時間は異なりますが、生まれたばかりの新生児
は毎日10時間~18時間ほど必要になるといわれています。

 

また成長期の幼児の場合は12時間前後で、大人になると7時間~9時間が必要
睡眠時間の目安とされています。

 

日中に強い眠気を感じない、朝すっきり目が覚める。このような睡眠が質の高
い証拠です。

 

自分に合った睡眠時間を知ることが健康にも大切なのです。

 

寝ている間の体は休息しながらも健康のために色々な大切な役割があります。
睡眠時間にこだわらずに快眠できるような生活習慣を心がけましょう。

 

睡眠障害の解消は質のよい睡眠です。元気な生活を送るために質の良い睡眠
は欠かせませんね。


スポンサーリンク



睡眠障害の知識《病気が原因で不眠になるって本当?!》

%e5%85%a5%e9%99%a2
眠れない日が続くと身体的以外にも精神的なストレスになります。

不眠は原因が様々です。ストレスなどの心理的な要因が多い中、体の病気が
原因となる不眠がありますので十分に注意しましょう。

睡眠障害と呼吸器の病気

睡眠中は呼吸がスムーズにできないと睡眠を妨げる原因になります。不眠が
症状の一つである病気が呼吸器系の疾患です。その一つに慢性閉塞性肺疾患
があります。

 

COPDと呼ばれるこの病気は慢性的な気道の障害があるものです。睡眠中
に呼吸が苦しくなり、寝つきが悪くなったり夜中に何度も目をさましてしま
う症状が特徴になっています。

この病気には治療薬としてキサンチン系の薬剤を使用しますが、薬の副作用
としてさらに不眠が悪化してしまう場合もあります。
 
病気の症状として不眠になる場合は、根本的な病気の治療が必要になります。
呼吸器系はぜんそくなど治療に時間がかかる場合もあり、その間は少しでも
質のよい睡眠をとるための生活習慣などがとても重要になりますね。

睡眠障害と身体的な痛みをともなう病気の関係

寝ている間に体の痛みが気になると一晩中眠れないなんてことがありますよ
ね。
 
体の痛みは一般的な腰痛などの関節痛をはじめ、色々な原因があります。病
的なものとして慢性疼痛と呼ばれるものがありますが、夜中目を覚ましやす
く起きてしまうとそこから眠りにつくのが大変困難になる点が特徴です。
 
その病気の一つが繊維筋痛症と呼ばれる疾患があります。日本では約200万人
以上の患者さんがいるといわれています。

不眠が症状の一つですが、病気である自覚が少ない為治療を受けている人が少
ない現状があります。
 
体の痛みが慢性的に続く場合は痛み止めなど一時的な対処でなく根本的な治療
が必要です。
 
関節リウマチや頭痛なども原因を把握することが不眠改善への第一歩なのです。

睡眠障害と神経疾患

質のよい睡眠がとれるのは健康な証拠です。
 
しかし現代の私たちは様々な原因で不眠症睡眠障害になる人が増えていま
す。
 
病気が原因による不眠症のなかの一つが神経疾患です。パーキンソン病は脳
の一部に障害がおこるため、神経伝達物質のドーパミンの分泌が減少してい
ます。
 
その為パーキンソン病の症状としては手足の震えをはじめとして、不眠にな
るなど睡眠障害を起こすことも知られています。

 

病気の治療薬の副作用として不眠をさらに悪化させる場合もありますので、
睡眠環境を整えて病気の治療を行うことが重要ですね。
またアルツハイマーも同様に神経疾患の一つとして症状の一つに不眠があり
ます。
 
睡眠はこのように病気のサインとして表れる場合もありますので、日頃から
体調管理として注意したいですね。

睡眠障害と内臓疾患

内臓疾患の病気も不眠が症状として起こる場合があります。その一つが糖尿
病です。

 
睡眠中の血糖値が不安定になり寝汗をかいて途中で何度も目を覚ましてしま
う場合があります。
 
また糖尿病患者さんの多くで見られる肥満も、気道に脂肪が多くつきいびき
の原因となり不眠を併発してしまうケースもあります。
 

また心不全の場合も、心臓の働きが減少しているため寝る姿勢になると呼吸
が苦しくなり質の良い睡眠がなかなかとれない症状が起こります。
 
睡眠中に呼吸が苦しい・・・と座った状態にならないと改善できないため、
不眠症になる原因なのです。
 
また女性の場合には更年期障害でホルモンの分泌が減少し、自律神経の働き
が不安定になることも不眠の原因です。
 
様々な病気が関係する不眠、睡眠障害は根本の改善が必要です。

健康であれば快適な睡眠が毎日とれますよね。不眠、睡眠障害が続く時や寝
ても体がだるいなど、体調の異変を感じるときはすぐに医療機関で診察をし
ましょう。
 
眠れないことは体調不良のサインです。睡眠障害は健康へのリスクです。
早く改善しないと健康に悪影響になりますよ。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】メルマガ登録はこちら↓

ネットビジネスの注意点、稼ぎ方のポイントを掲載
*メールアドレス

満範@公式に登録

↓↓あなたのLINEでかざして下さい。 友だち追加
スポンサーリンク

満範@公式に登録。

友だち追加