ネットビジネスは怪しい?、病気はストレスから、トラブル解消は【ダイエットと睡眠】

睡眠障害《中学生の睡眠時間を減らさず理想的に成績アップする方法》

Pocket

睡眠時間を減らさずに中学生の成績をアップする理想の勉強方法について、又、
中学生の発育に理想的な睡眠時間の基礎知識について調べてみました。

 

勉強は子供だけでなく大人にとっても毎日が学習の場です。仕事の効率を上げ

る為にも、実は睡眠時間がとても大切な役割を担っているのです。

 

そこで睡眠時間と勉強の関係についてまとめました。

 

睡眠時間の理想は年齢別で多少異なりますが、中学生にあたる13歳~15歳の
子供は発育の真っ盛りです。

 

睡眠時間が不足してしまうと、子供の健康に悪影響になります。

 

では、中学生に必要な理想の睡眠時間と勉強の関係をご紹介します。

 

睡眠障害《レム睡眠とノンレム睡眠について》

%e3%83%ac%e3%83%a0%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e3%81%a8%e3%83%8e%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%83%a0
理想的な勉強をするためにまず理解しておきたいのが睡眠の仕組みです。

 

レム睡眠とノンレム睡眠という言葉を聞いたことがあると思いますが、この
二つの違いをまずは理解しておきましょう。

 

レム睡眠とは体が眠っているのに脳がまだ覚醒している状態です。筋肉疲労
の回復はできますが、脳がまだ活動しているため、目を覚ましやすくトイレ
に行く事もあります。

 
これとは逆に脳も休息して心身ともに深い眠りにあるのがノンレム睡眠です。

 

一般的な成人の睡眠パターンで見ますと、ノンレム睡眠とレム睡眠をセット
にして約1時間半の睡眠です。

 
7時間半の睡眠時間だとこのセットが5回繰り返されています。

 
ノンレム睡眠は体の中でも非常にエネルギーを使う脳を休息させる働きがあ
り、精神面でも大変効果をもたらす睡眠なのです。

 

睡眠障害《睡眠と記憶力の関係》

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e3%81%a8%e8%a8%98%e6%86%b6%e5%8a%9b
睡眠時間が短いと学習力の低下につながるといわれていますが、この理由は
睡眠中の脳の働きが関係しています。

 
私達の脳はぐっすりと体が休息している間も働いています。

 
勉強の効果を上げる為にも睡眠中に脳が行う情報処理力がとても重要なので
す。この働きをするのがノンレム睡眠です。

勉強をした内容を記憶として定着させる処理を行い、不要な記憶を排除する
働きがあります。

 

それとは逆にレム睡眠では出来事の記憶を定着させる働きがあるため、脳の
中で日記を書くような機能を持っています。

 

そのため睡眠時間が3時間程度の場合は学習した情報を定着させるノンレム
睡眠が少なくなるため、日中一生懸命勉強したことも記憶の中には残らない
場合が多くなってしまう特徴があります。

 

睡眠障害《睡眠時間を減らすと勉強には悪影響》

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e6%99%82%e9%96%93%e3%81%a8%e5%8b%89%e5%bc%b7
理想的な勉強をするには睡眠時間が大切です。頭が良い人は毎日寝ずに勉強
するのでなく、効率的な勉強方法と規則正しい生活習慣を続けているといわ
れています。

 

睡眠時間が短くなると、脳内での記憶の整理が正常に行われない為、頑張っ
ておぼえた数式や英単語も時間の無駄になります。

 

また仕事で新しく習った事も睡眠不足ではなかなか身につかないのです。

 
理想的な勉強をする為には、脳内のメンテナンスの時間が欠かせません。

 
昼間起きている間は脳が覚醒している状態で、色々な情報を吸収しやすくなっ
ていますが、得た情報を脳内に定着させる為には貴重な睡眠時間が必要なので
す。

 

特に成長ホルモンが活発になる深夜10時から2時までの間は、体の細胞も活発
になり記憶力や思考力を高めるメリットになります。

 

睡眠障害《睡眠時間を優先して勉強をする》

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e6%99%82%e9%96%93%e5%84%aa%e5%85%88
朝まで寝ずに勉強をしても、翌日昼間に眠くなるとその日一日の学習効果は全
く意味がなくなってしまいます。

 

理想的な勉強方法はまず睡眠時間を優先して計画をたてることです。私たち
の脳では集中力が続くのは約1時間半程度といわれています。

 
そのためだらだらと夜中まで勉強をしていても、すべてが脳内に記憶として
定着するワケではありません。

 
それよりも規則正しい生活を優先して早寝早起きすることが効率的な勉強方
法として重要なのです。

 

さらに勉強時間を限定することで、集中力を高めることができますので勉強も
睡眠もどちらも質を高める効果がありますよね。

 

睡眠時間を減らすことは健康にも負担になります。特に試験前などの大切な
時は、体調を整えることが大切です。

 

睡眠を削ってまでも勉強をするのは、期待したほどメリットがないのです。
睡眠時間と勉強時間は上手にバランスを取ながら、生活リズムを整えましょう。

 

寝ている間の脳の働きは想像以上に学力アップに影響しています。成績アップ
のためには早寝をまず心がけましょう。


スポンサーリンク




 

睡眠障害《中学生の睡眠時間の特徴》

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e6%b4%bb%e5%8b%95-2
中学生になると学校のクラブ活動も盛んになります。運動部に入っている子ど
もは、大会が近づくにつれ毎日練習で帰宅時間も遅くなります。

 

運動量が増える中学生になると、夕方に昼寝をする子供が増える特徴があり
ますよね。

 
しかし昼寝はあくまでの一時的な休息です。長く昼寝をすると夜更かしの原
因になり、悪循環を繰り返してしまいます。

 
また平日は学校や塾、クラブ活動で忙しい為十分な睡眠がとれず、週末にな
ると寝だめをする習慣もついてしまいます。

 
睡眠パターンを維持するためには、週末も規則正しく早寝早起きしましょう。

 

中学生の睡眠時間はそれぞれの生活環境でも異なりますが、昔に比べると夜
型の子供が激増していますよね。

 
睡眠不足は子供の発育にはとても重要な事なのです。

睡眠障害《理想的な睡眠時間について》

%e7%90%86%e6%83%b3%e7%9a%84%e3%81%aa%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e6%99%82%e9%96%93
中学生の理想の睡眠時間は8時間~9時間といわれています。朝起きて準備を
するには、起床時間は6時か7時ごろが理想ですよね。

 

そのためには夜は22時前後には寝ないといけません。しかし統計によると中
学生の就寝時間は夜11時となっており、学年が上がるごとに寝る時間も遅く
なる傾向があります。

 
高校生になると就寝時間は深夜を過ぎ、さらに睡眠不足は問題になりますよ
ね。

 

この理想の睡眠時間はあくまでも参考ですが、子供は寝ている間の成長ホル
モンの分泌が発育にとても大切な役割を持っています。

 

その為、遅くても中学生は10時までに寝ることが大切。家族のサポートも必
要になりますので、子供の発育のためには親の生活改善も必要になりますね。

 

睡眠障害《睡眠不足は学力にも影響》

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e4%b8%8d%e8%b6%b3
中学生の睡眠時間が減ってしまうのは、小学生の時よりも勉強する時間が増え
たり、スマホやパソコン、ゲームで遊ぶ時間も多くなることが原因の一つです。

 

SNSでいつまでも友達とコミュニケーションをとっていると、アッという間
に深夜になってしまうこともありますね。

 
睡眠時間が減ってしまうと、日中に眠たくなります。

 
すると学校の授業に集中できなくなりテストの結果も悪くなってしまいます。
さらに勉強した事が睡眠中に脳の中で記憶として定着しなくなり、なかなか
学力アップにもつながりません。

 
睡眠不足は筋肉の疲労回復だけでなく、発育中の子供には脳のメンテナンス
としても大切な時間です。

 

生活習慣が原因で睡眠が削られてしまうと、体調不良だけでなく脳の働きに
も影響してしまいます。

 

睡眠障害《精神面での悪影響について》

%e6%82%aa%e5%bd%b1%e9%9f%bf
夜暗くなると脳内で分泌されるメラトニンは、睡眠を促す神経伝達物質です。

 
メラトニンには子供の成熟を抑制する働きがあり、睡眠をしっかりとる子供
のほうが思春期を迎えるのが遅くなり、体の発育が活発になるといわれてい
ます。

 

子供の成熟は体と心のバランスが釣り合わないと精神的な不安にもなり、子
供のうつ病や対人関係にも悪影響となってしまうのです。

 
また睡眠不足になると交感神経が優勢になるため、イライラしたり感情的にな
ることもあります。

 
このような精神状態は思春期を迎える子供には大変危険なのです。

 
そこで中学生が理想的な快眠をするためには、体の発育に合わせて寝具を選ぶ
事も大切なポイントです。

 

またメリハリがでるように早寝早起きを心がけ、健康的な栄養バランスがとれ
た食生活も意識しましょう。

 

睡眠障害《中学生の睡眠時間のまとめ》

%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81
日本の中学生の睡眠時間は海外に比べると少ない特徴があります。欧米人の
子供のほうが体格が良いのは睡眠時間が関係しているのかもしれませんね。

 

子供の生活環境はそれを囲む大人にも責任がありますので、家族みんなで睡
眠の質を向上させる生活習慣を意識してみましょう。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【無料】メルマガ登録はこちら↓

ネットビジネスの注意点、稼ぎ方のポイントを掲載
*メールアドレス

満範@公式に登録

↓↓あなたのLINEでかざして下さい。 友だち追加
スポンサーリンク

満範@公式に登録。

友だち追加